ちょいポエな日常

線香花火人生よりロケット花火人生🚀

人と関われない

コミュ障だという認識はずっとある。人と関わろうとしても関われない。本質を相手に見せられない。「何故自分は周囲と同じ様な人間関係が築けないのか。」思い悩むことがしばしば。

振り返ってみると仕方のない人生だった。学問と同じように、人とコミュニケーションを取ったり、関係を築くというのも学びを蓄積し表せるものであるから。その蓄積が皆無に等しいので大事にしたい人間関係だったり、築きたい人間関係を周囲と同じようにするのは難しい。

ツイッター見るのが習慣に成ってしまったが、やはり「自分が築きたい人間関係は違うだろ?」と頭で拒否している自分がいる。仮想空間が嫌いだ。もっと言えばデジタルが嫌い。現実で人と素直に関わりたいし、アナログ的に自然を感じたり、5感で味わうことが何よりだと思っている。でも、それが出来ないからやっているという矛盾。人と関わるのがとても怖い。

やはり、習慣というのは恐ろしくて、ずっと一人で居ることが普通に成ってしまったから、ここから変わるのは中々難しいな、と。そういうことがずっと自分を落ち込ませていた。「周囲が出来ることをなんで自分は出来ないんだ?」と。過去を思えば、出来なくて当然なんだけどその過去は不変的なもので、どうしようもないと思えた。

過去に誇れるものが自分には何もない。全てが無意味に思えるときもある。何をしても無駄に思える。”楽しい”という感情が消えてしまったようにも感じる。何をしていても楽しいと思えることが無いように感じる。それは上記の通り全て無駄に思えるから。

よく分からない文章を書いてしまった。何となくブログを書きたかった。明日から新人が入る。どうなることやら。

音楽を聴いて昔を思い出す

 何となく、金曜夜ということもあり、仕事終わって力が余っていたので車で近くの公園に行ってみた。行く途中一年前に聴いてた曲を流してみるとその時の感情が蘇った。今はとても心が安定しているので、「何故あんなに気分が憂鬱だったのだろうか?」と不思議に思うくらいだ。色んなことに焦っていたし、あらゆる視野が狭かったと思う。前職は確かに、条件はとても良かったが、やはり環境には合わなかった。入社してすぐ辞めるのはいけないことだと思っていたから続けたが、もっと早く辞めるべきだった気もする。ただ、自分の方向性を確定させるきっかけには成った気がする。この回り道が無ければ今の心境には至らなかっただろうから。しかし、矛盾を感じつつ生活の為と割り切って仕事するのは苦痛だったな。

 今の仕事は条件は悪いが性に合ってるみたい。あんなに前は二度と入りたくない業界だと思ったのに(笑)でも、人の為に成る仕事だし、他人に必要とされるというのは、やりがいに繋がる。自分が求めていたものは、これだったんだな。今の職場は数ヶ月しか居ないんだが、「辞められたら困る!」と連日色んな人から言われる。誰にも何とも想われないと思っていたから分かんないもんだな〜。たかだか数ヶ月居ただけなんだけど。でも、そういう風に言ってもらえるのは、とても有り難いことではある。

 しかし、退職願は出したし、続ける意思も無いので、次の職場を早く見つけねば。一応今日も1社書類送ったところから連絡があり面接?(一度会って話したいと言われた)の予定。この会社は一年前の求人を見て、掲載終了したがダメ元で電話したら「応募できる。」とのことだったので、応募した会社。これで一応面接3社。あと一社は書類選考待ち。どこかしらに内定貰わねば。

 ここ数年で凄い成長したように思える。それは、数年前感じていた「自分は今後、社会で働いて生きていけるか?」という感情が無くなったから。どんな生き方でも自分で生活していける自信が最近は芽生えた。やっと心に余裕が生まれたし、今後は他人を気づかえる位の能力を身に付けたいと感じた。そう考えると、凄い進歩。というか、やはり薬の影響なのかな?朝もそれ程気怠く無いし、職場に行きたくないという感情もそれ程無い。寧ろ、休みの日に人と関わらないほうが苦痛に感じるほど。外面と中身も整合が図れてきた感じだし。

 あらゆることに悩んだ数年だったけど、今はやっとシンプルに色んなことを考えられるようになったし、「自分はこれで良い。」とも思えたりする。今後は焦らず地道に物事を考えたいし行動したいと思っている。ただ、色んなことに目を向けつつ色んな人と関わりつつ。自分はどうすれば良いか?ずっと悩んでたけど、単純な答えが見つかった気がする。

 来週から就活本格的に始まるかな。がんばります。

不遇なことも捉え方次第

自分はずっと不幸だと思ってきた。周囲と同じような人生を歩めなかったし、あらゆる経験をしてこなかったから。ずっと今まで思い続けているのは、「もしあの時、逃げるという選択をしなければ。。」ということ。しかしながら、それ以前に、ずっと一人で生きてきたことを思うと必然の選択だったのかもしれない。それが遅かったか早かったかの違いだけにも思える。

幼い頃からずっと人と関係を築けなかった。本当に生まれて間もなく。病気という概念に縛られるのは良くないと思うが、発達障害なのかもしれない。と思ったりもする。人と会話をしようと思うと喉の奥に声が詰まったり、他人が自分の発する声で何を思うのか?ということを考えると何も話せなくなった。更に、不登校に成ってからは余計に。

自分の年齢と他人の年齢を比較して、同じような人生を送れていない自分が嫌いになる。しかし、上記を冷静に振り返ると、「寧ろ、よくここまで頑張れてるな。」という気持ちに今は成っている。10年前の自分は誰とも何も話せなかったんだから。アルバイトをしたくても人と会話することや接することが怖くて、応募すら出来なかったのだから。仕事してひとり暮らししているだけでも立派。自分なりに頑張ってる。

とは言え、退職願を出してしまい、完全なるジョブホッパー状態。金銭的にも厳しいし、早く次の職場を決めないと。。就活はしてるが、状況は、書類選考通過2社と書類選考合否待ち2社、書類落ち1社(今日郵送で来てた)。書類選考待ちの2社どちらかに行きたいと思っているが、連絡が来ない。焦らず待ってみるか。ただ、どれかに内定貰えれば行く予定。仕事に対する考え方も大分変わって、同じ業界ではあるが、職種は広げた。だから、求人もあったんだけど。あと一月で決まるかな・・?

今の職場で、自分が辞めることが周知され始めた。数ヶ月しか居ないが、色んな職種の人から「辞めるの?!」と引き止められるのは案外意外だった。たかだか数ヶ月でそんなに想われることはないだろう、と思っていたし。それが社交辞令的な反応だとしても、気に掛けてくれるというのは何とも有り難い事だ。ここ数ヶ月は自分の業務内だけでなく社内全体を良い方向に変えようと努力した見返りなのかな?と感じたりもする。だから、余計に、色んな知識を今後吸収して更にそんな風に思って貰える様な人間に成っていたいな、とも思えた。だから今回の転職は短期ではあったけど、学ぶことは沢山あったし、やっと自分の中でこの先どんな仕事をして生きていくか?の方向性が決まったので、必ずしも悪いことばかりではなかったと言える。

自分が正しいと思うことをしていれば、自ずと幸福は訪れる。それだけ信じて生きてみることにしたい。

人との違い

昨日、退職することを明確に伝えた。上層部の人と2時間程話して、納得いく回答を頂けなかったので、この組織に居てもこの先何も良いことは無いな。という気持ちが固まった。自分が提示した内容は呑めないが、長く働いてほしいという引き止めにあったが、「何だそりゃ?」という疑問しか浮かばなかった上、不信感しか募らなかった。年内一杯で辞めることは部長には話し、退職願も貰ってきたので、週明けには出す予定。入った当初から長く続く気がしなかったので、これでキッパリ気持ちの整理はついた。ただ、次が決まっていないのでガンガン動かなければ。時間が過ぎれば過ぎるほど、金銭的にも精神的にもきつくなる。そこだけは早まったな、と思う。職種も広げて応募するつもり。

今日は心療内科の診察日。これで薬は当分持つので、安心。大分薬に依存するようになったな。しかし、切れたときの反動が酷かったので当分は継続して続ける予定。その後、通信制の高校に通っていた10代の頃、よく通った道や店に訪れた。その時思っていた事とか、店に居る高校生を見て、「自分は何故こんな人生を送っているのだろう・・。」とそんなふうに思ってしまう。昔は毎日そんなふうに思っていたけど、今はある意味で、自分の中の学生時代と思い出というのはそういうものしかなかったので、思い出に浸れることでもあった。それと同時に、今の現状はとても誤った選択ばかりではあるけど、その頃を思えば、自分なりには頑張って生きているようにも思う。

その後は、ハローワークに行ってきた。2社同じ業界で今までとは別の職種。見聞を広げる意味でも良いのかな?と思って応募。本命は同じ業界の同じ職種であるが、担当者が不在のため保留状態。また、少し前にHPから1社応募した。今週早々に応募して、連絡がまだ来ていないから書類選考で落ちたかな?と予想。場所も遠かったし厳しいか。一応それらを含めて4社応募状態。そんなに甘くないと思うから全て落ちた事を考えて、色んな視点で考えないと。

今度こそは長く続けたい。という思いで入った今の職場なのだが、とても無理そうだった。確実に失敗だったんだけど、今は精神状態がとても安定してるので失敗から学ぶ事に考えをシフトして生きていこうという気持ちに成っている。成ったことは仕方ないし、そこから如何に色んなことを吸収するか?に重きを置いたほうが利点が多い。ただ、もうそろそろ生活を安定させたい。それに自分の心に自信を持てるような状況にしないと。学ぶことは沢山ある。更に言えば他人を考えられる余裕を持つなら尚更。

兎に角、あらゆる方向を考えつつ動かないと。

他人への考え方(接し方)が変わった

今日は宿直。職場には居なければいけないが何してても構わないので更新。

時間があって考え事してると、「ここ数ヶ月で大分考え方が変わったなぁ。」と、ふと思った。一番大きく感じるのは他人への関心であったり接し方や考え方。そこで生じる自分の在り方。ずっと思ってきたのは、”こうあらねばならない”という考え。年齢に応じた自分であったり、他人が思う自分。それに合わせられない自分が嫌だった。でも、それに合わせようと思うほど心が付いていかないし、能力や経験がそもそも無いので想像通りに行くことなど無かった。それで落ち込む事ばかり。

自分の家系は比較的、優秀な家系だった気もする。自分の家族はそうでもないが、親戚とかは。だから、ずっと学歴とかが気になったり、幼い頃から不登校で引きこもりだった自分は劣等感しか抱かなかった。それに、場面緘黙症だったので余計そう感じていた。幼い頃からの同級生もとても優秀な人が多くて、ずっと比較していた自分がいた気がする。家庭環境が何かと比較する家庭だったので、それが自分の根底にはずっとある気がする。

今は比較的気持ちが落ち着き、あらゆる物事を冷静に考える事が出来る。良い意味でどうなっても構わないと。・・と、同時に冷静に成って過去を後悔することもしばしば。やはり、前々職は辞めるべきでは無かったという考えがずっとある。でもあの頃は、精神的に限界であったから仕方ないとも思うのだけど。

他人の存在や接し方が分からなくて、ずっと悩んだけど、もう何も考えなくて良いのかな?と最近は思う。幼い頃から親戚とも全く話せなかった自分にしてみたら、今の自分というのはよっぽど成長しているし、自分では気づけない自分の姿というのがあるように思える。それは自分の顔を鏡や写真で見るときと、他人の目から見える自分のように。

赤の他人とも親戚と同じ様な感覚で話せる時がある(時々だけど)。繕わず関わっていくことが何より大事なコミュニケーション何だと今は思う。そんなふうに成れたのは、数年ではあるが、社会生活を送ったから。それも今働いている業界だから、というのが大きい気もする。今後、自分がどのような仕事で生きていくか、の方向性はやっと定まってきた。とても遅いけど。仕方ない。

学生生活を拒否して社会生活から距離を置いたことによる弊害はとても大きい。年齢を重ねるごとに感じる。同い年との能力や考え方、生活の仕方の乖離を顕著に。ただ、それでも社会で働けているし、そんな人生を送り、自分の今までを振り返ると一人で生活出来ている自分を案外褒めても良いのかな?と最近は思える。そんな風に前向きに捉えることが出来なかったのは、精神的に病んでいたからなのか。良い方向に考えられるように成ったのは少なからず薬の影響だと思う。なので、これからも通院は続ける。何時を目処に?かは考えてないけど。

自分は自分でしかない。それは他人も同じ。一人一人かけがえのない存在にも思えるし、代用の効く消耗品にも思える。そんな考えを今まで持ってきた。でも、そんなことを考える必要もなく、”ただ接することの大事さ。”を感じたりする。

なので馬鹿になります。ありがとうございましたΩ\ζ°)チーン

自分を許せるようになった

 最近は大分、精神的に安定してる。ただ、薬を服用しない期間があると、また同じように落ち込む。これはもう自分の中でずっと拒否していた”うつ病”という病だったことを自覚しようと思う。今更ながら思う一番駄目な事は、前に進まないことだと感じる。「自分はうつ病だから。。」という理由で現実から逃げたりすることが嫌だった。でも、認めることで寧ろ「病を良くして前に進もう!」という気持ちになっている。

 一般的な同世代が進む人生では無いことがとてもコンプレックスであったが、もういいや。って最近は自分を許せる部分も多い。それは能力の無さも、外見の悪さも、性格の弱さも全て自分なんだと落し込める。振り返ってみると、色んな事に焦っていた部分が大きかったし、理想だけ高くてそれに伴う努力を全くしていなかったことに気づかされた。だから、少しづつ前に進めるように頑張ろうと思う。それが誰よりも遅い結果に成っても自分にとっての最速なんだと思えるように。

 今まで人との関りを断ってきた自分。それから自己変革を望み、ネットを通じて人と知り合うことを始めてから大分、人との関りというものが変わってきた。勿論、現段階ではとても狭い人間関係だけど、上記同様、それで良い。自分には自分の生き方しかできないし、自分が正しいと思うこと(それがある人にとってしたら間違った事でも)を続けていけば、認めてくれる人は出てくると思う。それで嫌われたり、或いは、疎遠に成ったとしても認められるくらいの自分には成れた気がする。それはここ数年、行動したからであって、且つ、落ち込んで悩んだから得られた結果でもあると思う。

 今まで出来なかった事が出来る事は楽しい。他人と話せたり、家に行ったり。自分の過去を話せたり。焦りが生むことは逆に遅らせる事ばかり。今まで失うことばかりだったことも、それを心の何処かで求めていた気がする。何かを得れば、それは同時に何かを失うことになる。それを分かっていたから失うことに恐れて、反対に失うことになっていた。お金でも人間関係でも何でもそうかもしれないけど、失っても良いと思えば思うほど無くならないものだ。その事をちゃんと今なら理解できる。

 転職活動は全く上手くいっていない。と言っても3社しか受けていない。どれも書類選考は通るが、面接で落とされる。そんなに悪い出来では無かったけど、何処となく受けた会社に自分の中で違和感を感じていたし、そんなに落ち込むことは無い。勿論、相手から”No”という答えを貰うのは、辛いことだけど。

 今はあらゆることを受け入れられる。

何もない休日に過去を振り返る

ここ1、2年で本来考えるべきことを考えなくなっていた気がする。その考えるべきこととは、年相応の在り方みたいなもの。今まで20代前半の頃は、何年も先の自分を想像して生きようと5年後、つまり30歳であるかのように生きようと思っていた。そうしたら、実際に30歳に成った時困らないであろうと感じたからである。しかし、そんな謙虚な生き方も、落ち込みに落ち込んで、どうでも良くなった。結局その場その場で生きた人間の方が幸せに思えた。将来何も考えていないような人間が楽しそうに生きている中で、なぜ自分は常に将来に不安を抱えて、且つ、このまま何も経験しないで細々生きていかなければいけないのか?と奇行に走った。もうどうでもよくなって、株に全財産を投資してしまった。結果は言わずもがな。あの時は本当に病んでいた。あの時と比べると今の精神面はまだ落ち着いているのかな、と思う。ただ、それとは別に失ったものも大きい。

外に出て、日光に浴びて、少し冷静に自分の人生を振り返ってみた。”こうあらねば成らない”って意識が人一倍強かったように感じる。ただ、それは自分にコンプレックスがあったから。同世代と同じような人生を送れなかった自分はそういう風に思う必要があった。人一倍そう思わなければいけなかった。その根本的な考えを忘れ、「自分も周囲と同じように成りたい。」と思ってしまったのが不幸の始まりだった気もする。自分の身の丈を分かっていなかった。とても反省した。

そもそも、一番病んでしまった時は、前々職に居た時であったけど、あの時が一番人間的にまともだったような気もする(外面だけ)。そんな自分が嫌になったし、辞める時も、「自殺するくらいなら辞めた方が・・。」って気持ちで辞めた。結局無理していたんだと思う。でもあの時もただ逃げただけだったのだろうか。選択する自分が信用できない。

今の職場で、自分の同じ職種の応募を掛けて、いくつか応募があった。その応募者の履歴書と職務経歴書、あと面接中の録音を聞かせて貰った。応募者は40~50歳の未経験者。応募者と比較すると自分はまだいける。ただ、そこに傲りが生まれていた気がする。自分はいつから他人を評価するようになった?いつから卑下できる立場に成った?上を見れば切りがないし、下を見ても切りがない。自分が強く居れるのは周囲が下の立場のときだけ。ただ、自信を持つことが出来るのであれば、そういう環境に身を置くことも一つかもしれない。

あらゆることが堂々巡りしてしまう。過去への後悔。自分の能力の無さと性格の不安定さ。他人と同じような幸せを望んでしまうこと。全部が繋がっている気がする。何処かで折り合いをつけて、自分なりの答えを見つけて落ち着かないと。いつまでも若くないのだから。。

「無理して生きる意味がどこにある?」そんな気もしてしまう。でも怖くて死ねないから生きている。ただそれだけな気もする。強迫観念から読書をしているが、特に大きな変化は無い。人と関わる事が何より大事だと自分では分かっているが、その手立てがない。自分がどうすればこの先の人生を楽しく幸せに生きていけるのか?と考えたとき、やはり、人と接することしか見当たらない。ただ、そのきっかけと成るべき、友人であったり、過去の経験が無いというのがとても自分を落ち込ませる。しかし過去、そうなることを予想して煩わしい人間関係を全て切り、また、苦痛であった学生生活から逃げたのだから自業自得としか言いようがない。そこでまた振り出しに戻る。「無理して生きる意味がどこにある?」

ネットにドップリ浸かる様に成って、何処か実際の生活も軽く考える事が多くなった気がする。ただ、それは良いことでは無い。自分には自分の考えがあってそれを他者の影響で無しにしてしまっている。もう現実に目を向けるべきだろう。そもそもSNSなんてする人間じゃなかったのに。固定観念を捨てると良い事もあれば、悪いこともある。こんなに小難しく考えることでもないのかもしれないけど。好きなように生きれば良いのに。

自分が対人恐怖症だったの忘れて他人と同じような人生を望んでた。あほだ。。