読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想人間 ヘロソーの鬱死な日常

線香花火人生よりロケット花火人生

新年明けたので

新年明けたので、新しいことを始めようと思って、ブログを始めた。ロリポップで仮想サーバー借りてワードプレスでブログ書いてたけど、有料登録が面倒だったのでこっちで書くことにした。

新年が明け、年末年始の休暇があったわけだけど、何もしてない。家で寝て食って・・、まともな事をしたのは読書と筋トレくらい?あと退職願のテンプレートをダウンロードして書いたくらい。兎に角何するにも、怠い。考えてみると、ずっと自分はこんな人間だった。働いているってだけで結構頑張っている気もしてくる。

ずっと前に購入して積み本してた本をやっと読み終えた。休みだと時間があるから一日で余裕で読める。内容は適応障害。適合障害に至る人間はどんな性格か?とか、治療方法とか。根本的な解決に成らないから薬物療法に頼りたくないけど、頼っても良いかな?って思えた。あとは森田療法実践→「日記を日々つける。」の代わりにブログつけることにする。

今日で休み終わり。新年早々辞意を伝えたないと、理想的な時期である年度末を逃す。年度末で辞めることが出来れば、外部から来た幹部職の任期と重なる。そのため、送別会とかその他、煩わしい退職イベントにおける負担が軽減する。辞意を伝えた後3ヶ月後に辞めるのが一般的。有給も殆ど使えてないから消化を考えるとやはり早く伝える必要がある。しかし・・、転職先が決まっていない。。

転職先が決まっていない状況で、安易に辞められる年齢でもない。経済的な面を踏まえてというのは勿論だけど、辞意を伝えるための材料として、というのも大きい。しかし、休日出勤も多い現状で転職活動すること自体が厳しいというのが本音。今度転職する場合は他県を望んでいるというのもネックになっている。面接受けに行くにも一苦労。半休じゃ間に合わない。あとは待遇とか考えてたら、求人自体が殆ど無くなってくる。

勤務地、給与、休日日数、雇用形態・・。どれか妥協しないといけないことはわかってるんだけど優柔不断な自分はそれに目を瞑れない。それに、今度はちゃんと長く働いて人生設計したいとも思ってるし。ただ、今はもう何も考えることなく「直感で辞める!」という決断をしたい。そして、辞意を伝えたい。薬の力でそれが出来るならそれでもいい。なので、近々メンクリに行くことにする。フラシーボで結構。もうなんでもいいから現状打破に努めたい。