鬱死ノ影の無職な日常

影武者によるブログ

有給消化一週間

今日で仕事納めから丁度一週間。

一週間しか経ってないのに既に身も心も腑抜けに成ってしまった。

心療内科に行って薬を飲んでから、更にだるさが増した。

抗鬱剤眠剤2種。あと、過敏性腸症候群の薬。

どれが原因で成っている副作用か知らないけど、吐き気と喉の渇き、むかむかが凄い。

そして、飲む前より格段に体が動かなくなってしまっている。

これは、意味あるのか?というか、俺に必要無かった薬だからこうなってるのか?

まぁ、必要ないと分かっただけでも良いのか?

自分にとって皮肉だが、薬より精神の安定を齎す事は社会生活なのかもしれない。

 

明後日職場の人と会う約束をしてしまった。

こんな状態でその人の望む様な姿で会える気がしない。

無職だし、年上の男がこんな情けない状態では嫌われて当然なのだ。

今までは誰かに好かれても、自分の弱さを認知していたから拒んできた。

ただ、直近で流れに任せて生きてしまった。

何も出来ない人間が何かを望んではいけないのだ。

それを分かっていながら、何で俺は望んでしまったのか。

相手の貴重な時間を苦痛で終わらせないためにせめて、明後日一日だけは明るく楽しませてあげたい。

 

うん、頑張ろう。