読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鬱死ノ影の無職な日常

影武者によるブログ

実年齢と比例しない中身

ここ3日簡は比較的外に出た。

家に居ると心が腐るし、新しい発見を生み出す事も無いな。と思う事ばかり。

そう考えると早く仕事をしないと・・。焦ってばかり。不安ばかり。

 

3日前は主に就職活動で外へ・・。

いつも通り高速バスで行くか?それとも、出来る限り近くまで車で行き、電車で行くか?迷った結果後者を選択した。もし、今日行った会社で内定を貰い入社となったら、どこに住み、通うかを想定しながらという目的もあったりする。

大分早く家を出て、車を停めた場所で時間を潰した。近くに大学があり、潜入してみたり喫茶店でコーヒー飲みながら本読んだり、あとは車で昼寝してたらあっという間に時間が過ぎた。行ったことの無い大学は新鮮だし、久々に大学に行き、自分が大学生時代だった頃を思い出したりしていた。田舎の大学に行っていたから、大学生らしい生活を送っていなかった気がする。今日行った大学はそこそこ都会にある大学だったから、「この辺の大学に行けばよかったなー。」とか、思いつつ、また、そこに通う大学生を見て、とても羨ましく思ってみていた。

車を停めた場所(駅)から電車で、30分で面接を受けた会社の最寄り駅だった。13時から面接だったので、12時くらいの電車で12時30分に着く予定。そこから徒歩10分で会社と書いてあったので、12時40分で着く予定だった。しかし、、遠かった。。そして、会社の入り口と反対側に行ってしまい、入れなかった。途中走って何とか時間ぎりぎりに着いた(3分前位)。汗ダラダラ・・。

警備員に話をして、面接場へ行くと、面接官二人が既にいた。その後早速面接へ。普通に応えられたと思うが、何となく面接官一人の笑顔が馬鹿にしているような笑い方に思えた。ううん。。あと、その人終始、手を合わせて、グルグルしていたから、多分時間の無駄だと思ったんだと思う。もう一人の人は40代中盤位?終始にこやかだった。

予定時間一時間だったわけだけど、半分の30分だった。何となくだめだな、、って感じだった。しかし改めて都内には行きたくないなー。。と思った。疲れた。。兎に角疲れたのである。。。面接終了後は御遣いを頼まれたので、東京駅へ、そして帰宅。

 

2日前は待たせていた人と映画を観に行った・・。

LINEでやりとりは結構していたんだけど、実際に会うのは今回が2回目。上手く話せる自分を想像して行ったんだけど、全然話せない。それに一応内定は貰っていたが、そこに行く事は決定していないのに会ってしまった。いかんなー・・。相手は自分より3個も下なのに、俺は何やってんだろうなー。と思う事ばかり。距離の詰め方も分からないし。コミュ障過ぎて言葉には詰まるし、映画終わった後、どこに行けばいいのかも分からなかった。「ああー、、これは嫌われたな。。」と思う。相手はきっと楽しめなかったはず。相手の気持ちに応える事が出来ない自分が嫌になる。

自分が楽しいと思わなければ、相手は勿論つまらないだろう。会えて嬉しい気持ちは本当にあるんだけど、それを表面に出す事は出来ず、自分の感情を言葉にして伝える事が恐い。何処かで逃げている自分がいる。純粋にただ単純に、そのままの自分を相手にぶつけて、且つ、相手を心から信じて向き合った後、裏切られた時の事を常に考えてしまう。他人から見た自分は奥手で真面目そうだから「女に騙されそう。」とよく言われることがあるが、比較的冷めた目で女性を見ていることが多い。逆にどの辺から相手を信じれば良いのかわからない。信じてしまった場合、確かにドツボにはまる自分も想像できるからの防御策であるが、それでは距離も縮まらない。

恋愛はもう疲れた・・。この女の子とも、多分これっきりだろう。前進する事の出来ない自分の惨めさ。

 

そして、今日は男二人でディズニーランド近くのイクスピアリへ行ってきた。

理由は・・、省略。

疲れた・・。引きこもり続けたモグラ人間には人が多いし、若者感が凄くてとてもついて行けない環境だった。しかし、ディズニーランドは行ってないけど、こんな感じなんだなーと感じる事が出来て良かった。ディズニーランド自体行ったのが、もう25年前とかが最後だったので、新鮮だった(笑)

色々お店はあったが、非リア充の二人の男では何も買うものも無いし、リア充ばかりだったのであの場にいるのが辛く、早々にその場を後にした。

ああいう処で楽しめる人間を女の子は求めているのだなー。と思う。今まで抵抗があったわけだが、「行ってもいないのに何も分かる訳がない。」という精神で行ってみた。まあ、結果は想像通り?というか、何だろうなー。。別に楽しくないわけではないんだけど、俺には場違い感があるというか・・。クラスで明るいグループに入るのを憧れるが、根本に持っているものが違い過ぎてその場から離れる感じ。

ああー。。。。変わりてえ。。。。。。。。と心底思う。

 

何かに躓くと、「なんで自分はこんなにダメなんだろう・・。」と思う訳だが、1~2年前の自分よりは圧倒的に成長してるのではないか?と冷静に考えたり。これは対人関係のものだけど。コミュ障だからという理由で他人と関わることを全くしていなかった自分が、実際に会って少なからず話すところまでいったのだから。それこそ女性とも話したりしたし。同年齢と人と比較したら圧倒的に劣っているのは明白だけど。。

きっとコミュニケーションがうまく取れる人は、相手を楽しませることが出来る。一緒に居る時、楽しんだり、疲れが無くなったり。=幸福にすることができる。俺が相手と居る時に感じる事は、真逆。「きっと相手は気疲れしてるだろうな。」ということ。以前付き合っていた女性もきっとそう感じていて別れを告げたんだと思う。

自分で分かっていながら、何故変われないのか?表面的に見せていた自分を保持したい。という自己矛盾が存在したり、本質はとても浅はかで無能な人間だと思われて嫌われたくないという気持ちから。ただ単純に他人と関われる人間がとても羨ましい。そして、自分は何故それが出来ないのか?そうやって、時間だけ過ぎていき、最終的には相手は他人に流れてしまう。

 

「自分を本気で救いたい。のであれば、自分を殺すこと。」物理的ではなく、精神的に。今少なからず持っている保有したい事柄2~3個のものを如何に固執せずに捨てられるか。きっと、固執し続ければ、今の自分は変われない。ずっと今まで変われなかったのと同様に。だから、0から再構築する勇気がとても重要になる。そして、その後、また取り返せるほどの能力を再構築後に身に付けることができるか。。

 

こんなことを日々考えると、自分の人生や他人と自分との関係性等々、本当に人間は難しい。そして、何もかも標準以下の自分がいつも通り嫌になる。