読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鬱死ノ影の無職な日常

影武者によるブログ

表面的に見せている冷静さと裏腹な本性

もうすぐ無職に成って満2ヶ月。無力感が強く死にたい。

そして、焦っている。とても。冷静ぶっているが内面はとても小心者。知識や心の強さが無い人間はこういう部分で揺さぶられる。とてもカッコ悪い人間に成ってしまった。もうどうしようもないくらいに。自分が何故、他人を拒絶してきたか、この弱さを見せたくないからだったのだと思ったりする。好かれる事は=将来、嫌われる事を意味する。とても恐い。とてもとても。だから、1人で居る事が何より楽なんだな、と。

就職活動は頑張っても結果が出ない。一社落ちたらまた一からになるわけで、それを何社もやってたら時間なんてあっという間に過ぎてしまう。勿論、並行して応募しているが、時間だけが過ぎて行ってしまう。内定貰っても納得いく会社からは貰えない。・・結果が全てだ。2ヶ月何もせず、遊んでいる奴と大差は無い。

日に日に全てを得る事は難しいのだと感じる。きっと誰もが何かしら目を瞑り行動するのだろうが、優柔不断な自分はそれが揃わないと(全てとは言わない)行動できない。手は2つしかない。だから、持てる物も2つなのだ。そして、きっと自分は両手で一つの物を持つことが精一杯の人間。その現実を直視するのが怖い。

時間を持て余してるから、時間があれば図書館で本を読んでいる。ただ、本を読んでても全く気持ちの揺さぶりが止まらない。「こんな事していていいのか?!俺は!!」とずっと思ってため息ばかり。しかし、他に出来る事が無いからそうするしかない。本に書いてあることも全て消化できない。自分の中に落とし込めない。

もうこんな惨めな生活は嫌だ。。なんで自分はいつもこうなんだろう?毎度に成るが嫌になる。。