うく山ヘロの鬱死な日常

線香花火人生よりロケット花火人生

とりあえず外に

今日は九十九里浜に行ってきた。

特に行きたかったわけでも無かったんだけど。

予定なかったし行ってみようかな?と。

しかし、行った場所が一年前に来た場所とは知らず。。

まあいいや。でも嫌な記憶が蘇った。

その後温泉入って帰宅。大きな発見は無かったかな?

お金は大分消えた。

 

帰宅後数時間寝て、その後空虚感に襲われたからまた、出かけた。

外食が最近常になっている。これはいかんな。。見直そう。

車の運転も頗る下手に成っていた。特に夜に成ると。

そして、それでまた落ち込む。そんな弱い自分を感じ、また落ち込む。

少し栄えている駅をふらっと歩くと色んな人間模様が見えたりする。

前からそれはずっと感じてた事。

何時かはあんな風に社会に溶け込めるもんだと思ったが実際は何も変わらず今に至る。

そんな何も変わらない自分を思うと、年々容姿は劣るのに中身は変わらない。

生きている意味が分からない。

少しくらい前向きになれる要素が欲しいと神頼みをしてみたり。

まあ、そのチャンスがあっても、受け取る器(能力)が無いから意味が無いんだけど。

 

自分がどうなりたい?って最近本当に分からない。

人と関れるように成りたいという気持ちは心底あるんだけど、それに矛盾して一人の方が気が楽だという気持ちもある。

彼女が欲しい。と思いつつ、実際はどうなんだ?

怖いのでは?付き合うという行為そのものが。

他人の期待に応える事が出来ない自分を露呈することが。

女々しい。嫌われても、裏切られても、貶されても、関係ないはずなのに。

人を信じれないこと。あとはプライドを捨てられないこと。それが嫌で仕方ない。

 

もう何も考えたくない。感じたくもない。なんで俺は俺として生まれてきたのか。

それでも尚漠然と明日を生きてしまう。