うく山ヘロの鬱死な日常

線香花火人生よりロケット花火人生

昔出来なかった事、今できる事

連休明けて、出勤。連休明けの仕事は辛い。

今日は電車もガラガラ。交通量も少なく、お店も閉まっている所が多かった。

休みは明日まで?の人が多いのかな。

 

職場には大分慣れた。

それと同時に「あ~、俺は職場が変わったんだな。。」としみじみ思う。

寂しい気持ちが何故かあったり。(在籍してた時はあんなに苦だったのに(笑))

日に日に感じる。俺の存在価値何て前の職場ではほぼ無かったんだろうなーと。

まぁ、社会なんてそんなものだ。分かっていながらまだ縋ってる。弱いな。。

もう少しで半年経つ。環境も状況も一変してる。

それに対して自分は変われてる?気がしなくもない。

 

自分は何も出来ないダメな人間だとつくづく思うことが多い。

そう思ったからといって何が変わるわけでも無い。

 色んな事が真面に出来ない自分に不甲斐なさを感じる。

特にコミュニケーションに関して。

ただ、どうだろう?極端ではあるが、10年前に比べたら?

声を出す事、それ以前に外出することも出来なかった。

そんな自分が働いて職場で少しだけでも話してると思ったら、案外頑張れてるんでは?

勿論、他の同年代と比べたら、ダメダメだけど・・。

年齢に見合った人間に成れてない。それによって諦める事も多い。

それもこれも過去自分に甘かったのが原因なのだから、至極当然の現実。

今は苦渋を噛み締めて生きよう。

でも楽しみが何も無いから、これ以上生きてもなー。。って気もする。

死ねないから生きてる。ただそれだけ。

 

と、言いつつも、色々実験的な意味で新しい事は今後恐怖に負けず経験したい。

これも自暴自棄に成ったから行えることではあるんだけど。

ふと我に返ると、(こんな事して意味あるのかな?)と思う場面もあるけど。

考えてる時間より、経験した時間の方が何倍も成長出来る。

「屁理屈捏ねる前に動け、馬鹿。」と、昔の自分に言いたい。

言葉だけ立派で行動が伴わない人間が見てて一番かっこ悪い。

それを理解出来ていなかった。失敗しても挑戦する人間の方がかっこ良い。

俺は恐らく馬鹿だし無能だからこの先何度も失敗する。そして落ち込む。

ただ、それで良いと思う。それが多分自分なんだと思う。

 

自殺したい。という奴ほどきっと真に死に対して向き合えてないんではないかな?