ちょいポエな日常

線香花火人生よりロケット花火人生🚀

原点回帰

約2年半前。前職に転職してばかりの頃。

誰にも相談することも出来ない自分はあまりに病み過ぎて、ネットで同じような人のブログを見て共感をし、頑張っていた。

ある時「気軽にやってみるか。」という気持ちでブログを始めた。

まあ、真面目なブログを書いてた。今のこのブログと同じ感じ?かな。もっと具体的な仕事の事とか現実の事を書いていた気がするけど。その時はコメント貰えるだけで案外嬉しかったりしたわけなんだけど、ネット上だけでは、やはり深い付き合いというのは望めないな、と同時に感じた。

現実で他人を楽しませることが出来ない自分が嫌だった。なので、謎のテンションキャラを模してツイッターを始めた。今ではそんな事も保てなくなってるけど(笑)一応昔はアカウント使い分けてたんだけど、めんどくさくなって、今のだけにしたから。なんかもうどうでも良くなって。

現実でも他人を笑わせられる時期が大分前だけど自分にもあった、だけど、後々考えたら、その時他人を傷つけたことに気付いた。その後自己否定を繰り返して、「誰とも関わらなければ誰も傷つける事は無い。」と更に内気で且つとても病んだ子供に成った気がする。

不登校で引きこもった当初、外に出たくて誰かと遊びたくて体がムズムズして仕方なかった。恐らく普通の人の感覚ってこれなんだと思う。しかし、自分はそう思いながら外に出る事も友人を遊びに誘う事も出来なかったから、その感情を殺す事に従事した。だから、1人で居る事に慣れ過ぎたし、誰とも話さない事に慣れ過ぎた。幼い頃の経験というのは一生続くものだと思う。あと学生時代、普通の生活をしていれば同年代の友人と経験出来たことが出来なかったのはとても後悔している。

過ぎてしまった事は仕方ない事なんだけど、それでも、今の自分が前に進めない大きな理由は此処にある。でも、どうだろう?仮に学生生活を普通に送っていたとして、小さい時期(保育園)から社会生活に支障をきたしていたから・・。

 

そこそこ生きて分かった事。A:人間変われない。

 

で、前書いてたブログを見て、そんな事を思い、また、そのブログを書いていたあの頃とも何も変わってないな。と懐かしくも虚しくもある感情が出てきた。

前職も少しづつ認められてきたときに辞めてしまった。確実に甘えの気持ちだったと思う。正直、雇用条件的にとても厳しかったし今の職場の方が断然条件は良いのだけど。自分が欲しかったものは何だったんだろう?そればかり考えてしまう。

他人と深く関わりたい気持ちと誰とも関わりたくない気持ちが双方あって、結局人に怯えている。幼い頃から抱いていたこの感情は何も変わることなくこの年齢に成った。

空っぽの過去なんだから、同い年と同じことは出来ない事が当たり前。しかし、出来ない自分がとても惨めで情けなく感じる。もう考えたくない。自分の存在と他者との疎通。将来的な事。きっかけがあっても掴むことが出来ない能力。

結局俺がやってる事や思っている事って運否天賦。努力して積み上げていかないといけないと思いつつ、どうしようもない天性の無能さに嫌気がさしてしまう。

人は何か使命があって生まれてきた。とか言うが本当にそうかな?人生に意味が無いとすれば、生まれてきた事にも意味はないのではないかな?抑々、どんなに偉業や大業をなしたところで何なんだろう?それにすら意味を見出せない。空虚感ばかり募る。

異常過ぎる。以前は異端に寄っていたかった(中二病)、けど今は明るく人生を謳歌してます!的な人間に成りたくて仕方ない。でも、あらゆる事が無意味に思えて仕方ない。たぶん、これも自分の事しか考えていないからだと思う。こういうところが誰も引き付けられない魅力の無さなんだろうな。実際、今ある金銭で何を買おう?と今日思考してみたら、2重3重4重・・と繰り返しても自分以外に回すという発想が生まれなかった。という事に気づいて、自分の偽善ぶりを思い知る。利己的、自分が一番、何より恐れるのは自分への危惧。死にたいと思うのも、自分の為。それによって、誰かに迷惑が掛かるという思考は?というか死ねないだろ、臆病すぎて。そんな思考がグルグル回っている。

考える事も大事。ただ、実際やってみると想像を超える大した事ではない。これは自殺も同じなのかな?これが一番の生物の中の自制。

 

・・完全なる病み期に入っております。唇噛んだせいで殆ど飯食ってないせいもあるのかも?なので、以前のブログの方に再度戻ろうかと思っております。原点回帰の意味合いも兼ねて。調子が戻ったらツイッター共々戻ろうかと思ってます(´-ω-`)