うく山ヘロの鬱死な日常

線香花火人生よりロケット花火人生

案ずるより産むが易し

前職辞めて半年。今の会社に入って2ヶ月。職場にはさすがに慣れた。(ほぼ話さないけど。。)仕事中、仕事の事考えるふりして、ずっと過去の後悔をしてた。「あー、、マジなにやってんだろうな俺・・。」と。

本当にこの年齢に成っても何もできない。新卒で入ってたら5年位に成ってた計算だよなー。んな事言っても仕方ないけど。情けない。

前職自分から辞めると言ったのに後悔ばかり。こういうところが女々しいよなー。

考えが甘かった。ただ、それだけ。前職を引きずってるのは自分だけだと思う。とっくに前の職場の人は自分の存在を忘れてる。俺が居た時も辞めた人はすぐ記憶から薄れたし。辞める時は、忘れて欲しいと思ってたのに(笑)仕事中そんな憂鬱な事ばかり考えていた。

 

自分の人生振り返ってみると、やはり、ごく一般的な幸せ?ルートを進むのは難しいなと、改めて思う。なんかここ数年間、それを凄い望んでて色々やってはみたけど、やって改めてダメだな、と痛感した。

「過去に縛られてはいけない。」というのは分かるが、過去不登校っていうのは、結構重い。というか、それ自体はそこまでじゃないかもしれないけど、それを経てどうなったか?が大きい。例えば、不登校児でも、俺みたいな根っからの引きこもりタイプは人生詰むと思う。人見知りの上に人生経験まで不足するから。これでまだどちらか一方なら大した問題ではないんじゃないかな?=人付き合いは好きだが、いじめ等何かしらの問題があって不登校に成った。or 人見知りでも普通に通学した。

これのマイナスの掛け算の自分は、どう考えても絶望的なんだよね。交友関係も社会人に成ると広げる事って難しいし。というか学生時代も広げられなかったからこの理論は無意味だけど。

そんな事を思ったから、ネットを通じて色んな人に会ってみようかな?って思ったけど、ちょっと諸々今になって失敗したかな?と思った。自分と乖離しているアカウントでやるもんじゃない(笑)というか、こんな事絶対しない!と当初思ってたのにこんなことになるとは。。オフ会もツイキャスもやり始めてしまって自暴自棄になり過ぎじゃないか?と最近は思ったりするんだけど、何も変化しないより・・。とも思ったり。

多分俺は色んな事を考え過ぎなんだと思う。それは小心者だからに他ならない訳なんだけど、着眼点というか、心配するところが違うんだよな。先を予想し過ぎても怯えるだけ。それに人生なんてほぼ思い通りに成らない。というか、殆ど上手くいかない事ばかりだなー。と嫌な事が連続で起きて、感じる。

運任せの人間には魅力何て何も無い。結局何かを成した人間に他人は魅力を感じるものだと思う。だから、自分は他人との関係が切れてしまうんだと分かっていたけど、分かろうとしていなかった。でも最近はようやくそう思える。まあ、それを認めてしまったら、本当に死にたくなってしまうからそれが嫌で逃げていた部分もあるんだけど。だってどう考えても、それを埋めるのは上記理由で難しい訳で、それを覆す方法何てずっと考えていたりするけど見当たらない。中身:兎、能力:亀 状態だから無理。。

昔から将来こんな風になると分かっていながら逃げて先延ばしにしたツケだね。至極当然。なんでか、この年齢に成って同年代が通る道を同じように通りたいと思って、そうなれると勘違いしてしまったんだよな。というより、一種の焦りだったのかも?

将来的な展望も無いし、今も苦痛で仕方ない。幼い頃の友人って本当に大事だと思う。