ちょいポエな日常

線香花火人生よりロケット花火人生🚀

正直に生きるということ

土日は終わるのが早い。

また明日から仕事。。ただ、今まで土日しか時間が無いと思っていたが作ろうと思えば時間は作れる。通勤時間内でも本は読めるし、仕事帰りでも、早朝でも。ただ、睡眠時間は削りたくないし、眠る以上にしたいことはなんだろ?

人なんてホントちっぽけな存在だと思う。そのちっぽけでも更にちっぽけな存在が自分。持たざるものが持ってる人間を否定することは只の僻みでしかない。否定するのであれば、まず持つ人間に成らねば。しかしそれが出来ないから否定も許されない。

時間が経つということは、それだけチャンスを失っていくということでもある。今までは現状の苦痛から逃げる事ばかりしてきた。学校に行きたくないから行かなかったし、勉強も同じようにしてこなかった。バイトも対人関係を築くこともしたくなかった。だから正直にしなかったとも言える。でも結果としては何も残らない。当たり前だけど。

生まれ持っての能力っていうものは確実に存在する。自分は劣っている事ばかりな気がする。昔からそう思ってきた。人と関われない。という点については一番劣っている気がした。それでこじらせて、ひねくれものに成った気がする。

今は自分でもアホな事してるなーと思う。惨めこの上ない気もする。縋る場所が現実ではなく仮想空間にしかないという事が。でもそんなのもどうでも良い。人間なんて極論アホだから。利口ぶってるだけ。どんなに天才でもアホな生き物だと思う。なので何もかもどうでも良い。それよりも新しい発見、というか、自分の中の考えや思想、固定概念をふっとばしたい。今やってる事でそれが吹っ飛ぶとは思えないけど。

自分が惨めな人間だと思いたくなかったから、殻に籠って生きてきた。そしたら抜け出せなくなっていて、今に至っている。というより、幼少時からほぼ同じだったか・・。寧ろそれよりは良くなってる?でも年相応では無いし、やれない事ばかり。何を自分でもそんなに恐れているのか?分かんねー。。本来失うものなんて無いはずなのに。寧ろやらない事で失ってるものばかり。しかし過去の惨めさがどうしても上回ってしまう。

本当に無価値だ。でも努力する気にも成れないから救えない。3~4歳で大衆から疎外される事を知り、それから常に人を恐れてきた。何もかもずっと他人を気にして生きてきた。それなのに好かれなかった。それだから好かれなかったんだと今にして思えばそう感じる。自分が無いから、何も面白味が無いんだと思う。今だって何かにつけて同調しようとしている。いやーかっこ悪い。また自己否定を繰り返してしまう。もう嫌だな。

今日も人と会った。自分とは違い大分前会った時と違って見えた。俺は何してんだろなー。成長出来てない。寧ろ退化してないか?(笑)他人と関わると自分の中だけでなく他人を通じて色々考えさせられる。時間を割いて頂き感謝です。ネットを通じて色んな人と会わせて頂いたけど、本当に皆良い人ばかりなんだよなー。疑い深い人間だけど、そう感じるんだからそうなんだろう。

しかし、このまま色んな人と会うという事をして、どうなりたいんだろうか?人間失格の証明の過去を払拭できるわけもない。完全なる自暴自棄に成って始めたことだけど、生きるきっかけを見つける為とも思えるし、自殺する決断をする為にも思える。案外もう自分の中では人生に見切りを付けなければいけないな、と悟った感じもする。人が1人死んだところで大それたことではない。特に俺みたいなのは。

どんな死に方をしても恐怖は伴うなー。。生きる恐怖と天秤に掛けると生きる恐怖の方が軽いから生き続けてしまう。でも死んだことも無いのに何故恐いと感じるんだろうなー。不思議。