うく山ヘロの鬱死な日常

線香花火人生よりロケット花火人生

出来るだけ考え方を変える

最近エッセイ?本を読んでる。

オードリーの若林氏、星野源氏、等。今までエッセイって読んだこと無かったけど、面白いもんです。自分の人生を踏まえた生き方とか考え方、自己啓発本よりよっぽど参考に成る。どっちも人気ある人なのに、過去にコンプレックスを抱えて根が暗い。でも今はそのコンプレックスを無くして輝いている。

「如何に私生活を楽しむか。」って事をどっちも共通して書いてあった。掃除やら料理、洗濯、家事全般を苦痛ではなく楽しむ。人の見ていないところでそういった事をちゃんと出来れば、魅せてる自分とのギャップも埋まる。あとはネガティブに成った時も有効らしい。何もせず考えるよりも、何かに集中することが暗い気持ちを跳ね除ける。目先の事を少しづつ、ある意味修行?に近いが、やっていこうと思う。あとは、ネガティブをポジティブに、、ではなくて、ネガティブを考えない努力をしていこうと思ったり。一日のちょっとした楽しみを今後は増やしていきたい。

やはり、明るい人に人は魅力を感じると思う。今までプライドだけ高くて、知識も無ければ社会性という意味でも馬鹿な事を隠していた。でも馬鹿は馬鹿らしく生きてくべきだなー、と今更思う。少しづつ考え方も変わってきたと言える。習慣を変えていきたい。もう9月中旬。仕事辞めて半年。新しい職場に入って3ヶ月。時間は待ってくれない。もし、辞めずに半年働いていたら人間関係もキャリアも好きだった人も失わずに済んだ?もっと成長出来ていた?と、ふと思ったりするが、多分そんな事は無い。きっとあのまま続けていても結果は同じだった。寧ろ今の俺の方が成長出来ていた気がする。今の選択が最善だった。そう思うようにしたい。もう直ぐ年齢をまた重ねる。そしてこの先、時が過ぎていくにつれ周りも変化していく。その時、他人の幸せを喜べる様になっていたい。今はきっと悲しい感情になってしまうので、人間的に成長しないと。

良い流れを作れば、きっと良い事が起きる気がする。案外そんなもん。しかし、前職に居る時はフィクションじゃないか?というくらい不幸続きだったなー(笑)鬱になるのも仕方ない気がする。今の気分を持続する思考と行動を心掛ける。

ドラマ 「わにとかげぎす」面白い。有田演技上手いなー。