ちょいポエな日常

線香花火人生よりロケット花火人生🚀

鬱死会2回目

鬱死会(オフ会)の2回目を行った。分かりづらい場所で時間には遅れるし、余剰金になってしまった気もするし、、次回やるとしたら気をつけよう。あと、またお土産貰ってしもうた。。感謝です。大事にむしゃぼり食います(´;ω;`)

しかし、東京は苦手だなー。。人が多いとそれだけで、くらくらしてしまう。あと音が五月蠅いと落ち着かない。田舎育ち、且つ、引きこもり男としては都会は疲れる。

ただ、今回は上野だったから、過去をフィードバック。上野は何かと縁があったような気もする。何か悩んだ時とか、何処かへ行く起点となる場所だったからかな?相変わらずホームレスの人が多かった。昔からだけど、明るい人よりも、陰で生きている人に注目してしまう。たぶん自分がそちら側の人間だから。今は働いて自分で生活をしているが、こんな性格だから、この先は分からないなー。。それが一番の自信の無さに繋がる。全うな人間として生きていくのは難しい。なので、最近は今の仕事と併用して何か出来ないかな、と模索中だったりもする。(考えてるだけ。)

オフ会はとても楽しかった。前回に引き続き良い方ばかりでした!まあ知っててやってんだけど。俺はコミュ障人見知りなので聴いてるだけだけど(笑)

でも、そういう場で他人とお互い認知するという機会を今まで恐れてきたので、学ぶことは多い。あとネットで見たり聞いてたりするのと、実際会うのとは違うなーと。ツイッター上とかではなくて、(それは当たり前だと分かっていながらオフ会始めたので)顔とか声を聞いてるキャスとかでも。まぁ、それがお互い認知するという事なんだろうなーと話しを聞きつつ思ったり。

電車乗っててもネットしてても同じなんだけど、「色んな人がいるなー。」と思う。だけど、そこに接点が無い。だから宙に浮いてる状態であんまり”人”として、では無くて、”只の存在”な感じ。それだから良好な関係を築ける部分もあるけど、深い付き合いは望めない。それこそお互いの人生が変わる様な。

俺はずっとホームレスに成ると思ってた。引きこもり続けて人と関われないので。たぶんその考え(人がホームレスに成る過程)という意味では間違っていなかったんだと感じた。孤独だからホームレスに成るんだと思う。10数年前と今、根本の考えは変わってないなー。つうか、「10代で自分は将来ホームレスに成ると思う。」とか思ってる暗い奴いんのか?(笑)10代なら何とでもなるだろう。そうでも無いのかなー。。その時点である程度、人生の流れというものは構築される気もする。明るい人間には暗い人間を理解することは出来ない。逆もしかり。自分がそうならないと分からないというのが人間だろうし。・・この考えを変えたくての、関係性の模索だったりする。

 

さて、、これからの人生どうしようかな?

とりあえず、新しい事を常にやっていこうと思っているんだが、次はどうしようか?

自分一人でやれる事は、感動も薄いし、楽しくない。という事が改めて分かった。しかし他人と接することは自分には難しい事も分かった。ただ成長する上ではとても大きなウェイトを占めているという事も併せて分かる。うーん、、極論、自分の能力の無さを恨むんだが、その能力が無いから成長したいと思ってるという思考が右往左往。

このまま、ずるずる過去と同じような時間を過ごしても良いんだけど、先送りの人生・・、それは許されないだろうな。という思考を繰り返して焦って憂鬱にいつもなる。同じ様に生きる位なら死のう、と。でも、死にたいと思う位ならそれも良いかも?と思ったりするけど、違う気も。

ネットに逃げてばっかいる。それしか手立てが無いからそうしてるわけだけど。でもやはりそれではダメだろうな。ちゃんと人と関われる様になっていかないと。。という意味合いでオフ会を始めたんだけど(笑)・・まあまあまあ、それはさておき。

少しづつだけど、昔の感覚を取り戻してきている。「あー、俺は本来こんな人間だったなー。」と思う時が最近たまにある。落ち込んだら直ぐネガティブな元の鞘に収まるけど。

 

先送りにしてきた過去のツケ。現時点での努力と合算して何時になったら報われる日が来るのか?それとも永遠に来ないのか?どちらにしても、先は長いな。