ふく山ヘロの幸生な日常

線香花火人生よりロケット花火人生🚀

自分を肯定するまでに至るには

ネットしないとやはり現実に直視出来る気がする。それと同時に虚しくもあるんだけど。自分は何故こんなに自信が無いのか?どうすれば自分を肯定できるのか?考えていた。

まず容姿。昔から自分の容姿か嫌いで写真を見ると目を伏せたくなった。だから自分が写っている写真は0に等しい。髪を切る時は鏡を見たくないのでずっと頭を下にする。大学入って1~2年位経った後、成長期だったからか、毎日脈を打ちながら頭蓋骨が大きくなるのが分かる時期があった。それにより顔はデカくなるし、それに応じて髪が抜け、毎日のように鏡を見てとことん自分の容姿に自信が無くなった。あの時は顔をたたき続けていた気がする。あんな急激に変わるもんかな?と病院にも行ったが、笑われて帰ってきた。そして落ち込んだ。この頃よりは多少メンタル強くなったかもしれない(笑)今でこそ、この顔に慣れたけど昔は本当に絶望した。というか、慣れちゃいけない気がする。骨格を変えるのは整形以外無理だけど、整形はしたくないので出来る限りの事で自分を許せるくらいの容姿に成っていきたい。・・自撮りとか出来る人が羨ましい。

2つ目は能力。知識が一番かな?俺は昔から頭が悪く、勉強が嫌いだった。今も変わらず。何もやる気がしない。記憶力は覚えようとすればそこそこ良かったんだけどやる気がまるでない。でも知識が無いと仕事も出来ないな、っと思う。あと人の見る目も変わるよね。「学歴なんて関係ない。」と言うが、俺は関係あると思う。学歴が高いと一種の自信に成るし、それだけ過去に乗り越えたことがあるんだから次も乗り越えられる!と思える。俺は逃げ続けて、誰でも入れるような大学に入ってしまったから学歴コンプレックスは常にある。でも、今はそれも薄れてきたかな?身の丈を知ったという事でもある。モチベーションが高い人間というのはやはり生き方が違うんだろうな。そんな人に魅力を感じるのが普通だろう。

あとコミュ力。これはもう諦めてるっちゃ諦めてる。もう無理なんです。多少今は落ち着きつつあるメンタル。そして、素の自分を取り戻しつつもあったりする。ずっと人間不信で生きてきたので。でも今思うと裏切られても何か失うものってあったかな?昔ならあったのかもな。今はもう一回どん底くらいまで落ち込んだので、一周回ってどうでもいいや!って感じ。それに色んな人を見て、自分の無価値さを知って、「無価値ならどう生きても良いし、どうなっても良い。」とか思った。でも、苦手な人は苦手。社会人に成ったらそれはダメだと言われるかもしれないけど、表面的な付き合いだけにして苦手なものは苦手で良い。という安直な考えの方が自分の身を滅ぼさなくて済みそう。

ただ単純に生きた方が人生豊かに成るのかもしれない。欲しい物を買うために仕事をしてお金を貰う。誰かと遊びたいから遊び、何の考えなしに誰かを好きになって結婚したり。今まで将来を考える事ばかりしてきた。それは何より自分が社会で生きてこれなかったという後ろめたさから、これから先も同じように生きていけないと思ったから。誰かと一緒に居たい。という気持ちを抱えつつ、自分の素を見せる事も出来ず、それが苦痛で根底では一人で居たいという気持ちがあっと思う。それが何よりの幼さで至らなさだったと今になって気づくことばかり。精神的にも肉体的にも経済的にも、色んな面で落ち着いてきてやっとそう思える様になった。大分遅かったけど仕方ない。

お、昔の状態に結構戻ってる。うん、こんな感じだったな、ネット始める当初の俺は。