うく山ヘロの鬱死な日常

線香花火人生よりロケット花火人生

当たり前だった事が当たり前じゃなくなる時

昨日、今日は実家に帰ってきた。

やはり、だいぶ変わってしまったな。とても悲しい。ドラマとか映画ではまるで泣けないのに、色々な思い出とかを思い出して、いい年した男なのに誰も見てないところで泣いてしまう。笑うよなー。。なんでこんな幼いのかな?

本当にここ最近は落ち込む出来事が次々やってくる。今まで一人で生きてきたから、時間の流れというものに疎かった。厳密に時間が経過しているという感覚が薄かった。他人が今までと変わっていく、そしてやっと自分の不変さに気づき背筋を正す。でもそれじゃ、遅いんだよな。。こういうところが何時まで経っても馬鹿で幼い理由。

人は落ち込んでこそ成長するものなのかもしれない。ただ、嫌な事や辛い事ばかりしか起きなくて前向きに頑張れる出来事を少しは享受してくれないかな。夢の中しか逃げ場が無いから寝てばかりいる。

過去に生きてるから、周囲の変化がきっと辛いんだろうね。