ふく山ヘロの福生な日常

線香花火人生よりロケット花火人生🚀

どんな選択でも後悔

昔から何をやってもネガティブ思考。 悪い面だけ見るから全てに後悔してしまう。選んだ方向で良い面もきっとあるはずなんだけど。何時からこんな風になったのかわからないくらいずっと前から。まぁ、そうなってしまうのも無理も無いんだけど。ネガティブになっても仕方ないと頭では分かっているんだけど、どうしてもそっちに引っ張られる。そして冷静さを失う。人生難しい。冷静に成ろうとすると感情の起伏を抑えて、誰とも接しない方が良い。ただ、それだと、人生の価値はどこにもないようなきがする。だから関わる努力をしないといけないけど、それで傷つく事が多い。何事においても完璧な道なんて無い、ということを念頭に考えれば容易い問題なのかもしれないけど、その器用さが自分には無い。

自分は馬鹿だな、と最近つくづく思う。常識が足りないし、能力も足りない。昔は慎重な性格で下調べも徹底的にしたり、事前準備を怠らない様な人間だったんだけど、今は全くしなくなった。そんな慎重な自分が嫌になって。でも、今思うとそれが自分の長所だったんだなと最近改めて気づく。これも一長一短だけど。

結局のところ、自分の軸というモノがない。本当に欲しかったものは何だったんだろう?そんなことを常々思ってしまう。どうしても周囲と比較し自分のできない部分を責める。でも、出来なくて当然でもある。社会性が構成される青年期に一人引きこもっていたので。何も積み上げてこなかったのだから、何も得れるものもない。これは過去自分の中で、予想がついたことであり、その時納得した上で逃げ続けた。ただ、どうしても悲観してしまう部分でもあり、望んでしまう部分でもある。

人間の人生何て不条理なものである。汚い人間ほど社会では優遇されるように思う。それが人間的強さなのかもしれないけど。自分もそんな風に成れれば良いのだけど、そうなることも出来ず、また、能力で圧倒する事もできない。だから、俺は天才に成りたいと時々思うのかも。何かしらの才能があれば、単純に社会で認められるから。これも安直な考えだけど。犯罪なんて日常茶飯事何処かで起きてるし、奪われた人間はただ呆然とすることしか出来ない。それを守る警察だってそんなに綺麗な人間ばかりでないとつくづく思う。まるで学生時代の教師を見てるみたい。

昔から弱い人間だった。自分でも嫌になるくらい。何でだろうな。別に親はそんな感じじゃないんだけど。人生の価値とか意味なんて皆無に思える。周りの他人は何かしら思って生きてるのかな?このまま今まで同様何も変わらず生きてたら、ってことを想像したら不安が募ったりもした。色んなことに気づけず、色んなことを後回しにした。その報いを受けて、何時に成ったら0に換算されるのか?疑問だが、永遠にそんなことはない気もする。そしてら、辛いだけの日々なので消えたいという末端の思考に陥る。

こんな事を考えていても負の循環にしか成らない。でも、何しても上手くいかないので八方塞がりというか、もうずっと寝てたい。