ちょいポエな日常

線香花火人生よりロケット花火人生🚀

長期休暇に入った

昨日で仕事納めだった(今日からだと思ってた。。)。朝は電車、何時も満員なのに昨日は椅子に普通に座れる位空いていた。一昨日で仕事納めだった人も多いんだろう。

昨日はとことん自分が嫌になった。会社変えてやはり一からまた最初からは厳しい。自分という人間を理解してもらうには相当時間も掛かるし。仕事もとてもレベルの低いものばかり。こんな事を望んで転職したんではない!と思いつつ、「前職辞めなきゃ良かったなー。。」と、まだ思ってしまう。一番はこの年齢で何も築けていないこと。昨日も納会で年相応に相応しくない対応をしてしまった。全く俺は幼すぎるしコミュ障すぎる。

前職辞めて、精神的にも肉体的にも大分楽になったはずなのに、心にポッカリ穴が空いた感じ。前職はとてもキツかったし条件も悪かった。常に、無能扱いされたし。それでも続けていたら認めてくれる人が多く居た。でも今となれば、誰とも付き合いは無いのだから、自分の存在なんてそんなものだとも思う。そういう自分の価値の無さがとても嫌に成る。それはずっと前から。だからもう直しようもないし、自分から相手に合わせないと関係は続かない。そんな何も持たない人間。

例えば、前職に未練があるのなら、同業種でボランティアをすればいいと思った。それで見えてくるものがきっとあると思うから。近くで募集していたし。しかしそこまでやりたいと思っていないのは休みたいから。それに前職の良い部分だけ見えてるだけで、現状から逃げたいだけだとも感じる。

今年一年は何か良かったのか悪かったのか、分からん。頑張ったんだけど、報われなかったことばかり。というか、自分という人間がどんな人間が認識せず動いてしまった気がする。でも動かないと何も変わらない事もよく知っている。この先どう生きれば良いのか常に考えているが何も思い浮かばない。今日はずっと寝てた。15時間位ずっと。自分の全てが嫌に成って。

引きこもりだった人のイベントや引きこもりだった人が立ち上げた会社があるみたい。そういうところに行ったり、ボランティアで参加しても良いのかもしれない。過去に囚われているのはずっと一人だからだとも思うし。逆に開き直る道筋は理解者を増やすことでもあると感じる。自分が嫌いな多数=正しい理論で、何より否定すべき事柄を自分が一番恐怖している。しかし、身近にある多種な物は大凡ブランドに価値がある。そう最近じゃ思うしそれに乗っかるのも悪くはない。

人間として本当に在ってはならないのは、嫌われる人間でなく、誰にも気づかれない人間だ。