ちょいポエな日常

線香花火人生よりロケット花火人生🚀

他人との距離の詰め方

先日、有耶無耶になってた事をすっきりさせたくて、返事を求めた。正直悪い結果で良いと思った。そこで明確に傷付くよりも、このままずっと考えていることのほうが辛い気がした。あまり詳しくは書けないけど、少し時間が欲しいとのことだったので待った。そして昨日、予想を反する答えが返ってきた。とても嬉しかったんだけど、何故か、相手に気持ちが無いようにも思えた。連絡先を交換したばかりの頃とは違う違和感があるような。。うん、何となくこういうときの勘は当たってしまうから大きな期待はしない。

いつも思うのは「自分の人としての魅力の無さ」。他人に訳もなく好かれる人間って結構居て、そんな人が羨ましくて仕方なかった。というか、普通はある程度誰かに好かれるもんなんじゃないのかな?俺は、自分という人間を相手が知れば知る程嫌われる傾向にある。だから距離の詰め方が分からないし、関係性を深めることも出来ない。本当のコミュ障とはこんな人間を言うんだろうと自分を鑑み思うことが常である。

孤独に関する本を読んで、自分に前向きに成れた。執着を捨てることも出来た。でも、得れたことでまた何となく執着が生まれてしまった。この先どうすれば良いのか、わからないけど。まだ、嫌われたくないという気持ちがどっかにある。だから何もアクションを起こせないでいる。

時間はとても大切だと最近良く思う。どう過ごすかで大きく変わってくるから。