ちょいポエな日常

線香花火人生よりロケット花火人生🚀

一年前の自分と今の自分の対比

他人を通して、自分の変化に気づく。自分では何も変わってないつもりなんだけど。何となく自分に対する印象というのが他人のフィルターを通して変わったという認識を持つ。勿論それは良い方にではなくて、悪い方にという自己嫌悪に繋がる出来事なんだけど。

今の仕事は慣れないけど、職場環境にはすっかり慣れた。でも、一年前の自分はもっとちゃんとしてた気がする。その分、辛いことも多かったけど。「あの時辞めなければ・・。」そんな事をずっと思ったりしている。

結局自分に自信が持てないのは、自分の中で頑張ったという日々を過ごせていないからだと思う。自分に甘い人間だから、そう思うんだろうな。それに伴った能力しかつかないのもそのせいだろう。今まで逃げ続けてしまったし、他人から見て魅力が無いのは当然だな。

 えと、他人との距離の詰め方が分からないと思ったが、そうじゃなかった。距離を詰めたいけど詰められなかったんだな、と。他人に何時も、自分という人間の弱さとか甘さ、あと何の知識も経験もないことを知られるのが怖かった。だから、素の自分を相手に知られるのが怖かった。実際相手は知れば知るほど遠ざかっていくし。どっちにしても嫌われるんだな(笑)とても哀れですな。自分の根本的な部分を直さないといけない。でもそれが出来ない。それが自分だから。だから自己否定して消えたく成るんだよな。

「俺は何やってんだろ。。」と、今更ながら思った。結構頑張っていたつもりだったんだけど、全然そんなこと無くて。この一年、俺はただ時間が流れるまま生きてしまった。「人間的に成長したい」とか、「技術を身に着けたい」とか、、転職時は色々思ってたのに今じゃ只々やり過ごすだけだ。そんな考えも期待に応えるためだったんだけど。今じゃどんどん駄目に成って本質的な自分が顕になった感じ。もういい年齢なのに、駄目だね。

何だかんだで、前職の環境が自分には向いていたんだな、と今更思う。後悔しても仕方ないんだけど、本当にそんな自分が情けない。優秀な人間はどこに行っても活躍できるし上手くやる。逆に俺みたいな何も出来ない人間はどこに行っても何も出来ないのだから、同じ環境に長く居るべきだった。でも仕方なかったんだよな。。あの時は本当に病んでしまって。今考えるとそれだけ成長もしてたんだけど。今はそういった意味ではだいぶ楽になった。ただ、何も自分の中で達成感があるわけでもなく、人と関わることもしていないので、惨めさが募る。

もう転職するのもしんどいし、条件的には悪くはない。だから、プライベートで自己成長や自信が付く事をしていかないと。