ポエムな日常

線香花火人生よりロケット花火人生🚀

能力は心の豊かさに繋がる

仕事中に思うことがあって、「あー、、つまらないな。。」と。仕事なんてつまらないものなのかもしれないけど。自分のやりたいことではない。ただ、もうそんなことを言ってられる年齢でも無い。何でこんな事をしているんだろう?と思うことがあるんだけど、そんな会社にしか入れなかった自分が一番悪い。前職より大分気持ち的にも体力的にも金銭的にも楽には成ったんだけど、達成感が無いし、何かとても違和感を感じている。じゃあその違和感を無くすためにまた辞める?・・その決断は無くはないけど、仕事しながら今度は転職活動をしないと。お金も無くなるし、身分も精神的余裕も自信もなくなった。もうあんな地獄を味わいたくない。

以前の職場で使っていたソフトを作っている会社が最近色々話題になっているので、調べていたら副業採用を行っているのを発見した。今の会社は規定で副業禁止(無断でのだったかも?)と記載があったので難しいだろうけど、少し興味がある。自分のやりたかった仕事と近いし。ただ、業務技術が追いついていないのと、過去の採用実績を見るとやはり今まで大手で働いていた人が殆どのようだった。なので、例え副業が可能でも採用される見込みは低いだろうな。明確に「コレが出来る!」ってものが俺には無いから。ただ、そんな風に一度きりの人生だし「大多数が行っているライフスタイルに縛られなくても良いんじゃないかな?」と、最近思うし、そんな風に考えると少し人生が明るく成る。逆に固定観念縛られると暗くなる。自分の居場所を幾つも有る人間は強い。

就活しかり、人間関係然り、能力が有るのと無いのとでは当たり前だけど選択肢の幅が大きく違う。この前の無職期間中にとても感じたこと。能力のない人間はそれだけ選択の幅が狭まる。特権を得られるのは過去の実績、または生まれや育ち。自分の過去なんて酷いもので、その時その時、苦痛から逃れるためや楽がしたいがために逃げてきた。だから中身が何もない。生まれも育ちも悪いし自ずと選択肢も狭まった。今からそれを変えるのは難しい。というか、変えられない。もし、変えられるとしたら、自分で何か大きなことを実現して認められることくらい。それが出来ればそもそも、苦労しないんだけど。。

今日は有給取ったので、身元整理と掃除。あとは一人でどこか行くかな?・・因みにリア充云々言われてますが、何一つリア充要素皆無な生活を送っています。(なんなんだー!!)悪しからず。まぁ、、少しづつ良くなってるんじゃない?Ω\ζ°)チーン