ちょいポエな日常

線香花火人生よりロケット花火人生🚀

身の丈に合わない考え

今の職場は民度が低く感じる。あまり能力が無いのに、出しゃばってくる。口だけの人間とか、自分が正しいって気持ちが強く、他人ばかり批判する。本当に世界や考えが狭いなーと思う。しかし、ある程度自己主張が無いといけないとも思うが、俺の場合、自分の中で少しでも駄目なところがあると、何も言えなくなる。そしてそれを埋めるほどの能力もなく、フラストレーションだけが募るというのが常。そもそも、そんな会社にしか入れなかった自分の能力もたかが知れているしそんな自分が全て悪いんだけど。

「あーくだらねえ。。」と思うと、「直ぐ辞めたいなー。」という逃げの発想が生まれる。正直会社としては物凄く低レベルな会社だし企業規模も小さい。半年経って色々理解した。しかし雇用条件が良いから甘んじてる感じ。もうあーだこーだ言ってられる年齢でも無いし、また辞めるわけにもいかない。転職活動も自分の浅はかさと脳力の無さを悟った。時間が経てば分かる!では駄目で、自己アピールという自分が嫌いなこと(コレは上記自己主張にも通じると感じる)を出来てこそなんだとも思う。それに形ある実績を今まで何も上げてこれなかった。本当に能無しでプライドだけ高いな。

色々不満ばかり言ってるけど、自分の希望をすべて満たす事なんて不可能。寧ろ悪いところのほうが多いと思う。それは今まで努力してこなかったから必然そうなるわけで。努力していればきっと色んなことが変わったはず。これも将来に苦労を投げて逃げ続けた自分が悪い。会社もそうだけど、人も同じ。全て自分の思うような素晴らしい人間なんて存在しない。短所8割、長所2割位に思っていたほうが望ましい。何事においても、外的要因にばかり目を向ける。しかしそんなに自分に合わせて周囲は変わってはくれない。故に自分がその環境に適応できないといけないんだけど、そこが出来ないから今まで社会不適合者だったんだとも思う。

学生時代までは親元で生きていけたから良かったんだけど、今はもうそんな年齢でもなく実家暮らしでも無いので働かなくてはいけない。というより、後ろ盾を作ってしまうと自分の場合甘えが出てしまうのでそうしたんだけど。自分の貯蓄でニートや無職をする分には肯定的だが、親元で生活しながらそれをするのはやはり甘えに感じてしまう。(でも結局前職辞めた時、数ヶ月実家に戻ってしまったけど。。)何時も失敗した時や落ち込んだときの逃げ道を探す。でもそうしたところで何も変化はしないし、そうすることで寧ろ気持ちは停滞する。

総じて、過去の自分を考えてみても何も結果を生み出せていない。何かを得たい気持ちとは裏腹にそれを得ることで生まれるしがらみに恐怖している気もする。乗り越える覚悟も勇気も無い。ただ、目先の事ばかり考え、対価を考慮していない。子供がおもちゃを欲しがるように。それではいけない。何時に成ったら幼さは消えるんだろうな。もうここまで来たら何時に成っても消えない気もする。周囲の人間は消えてる気もする。前職にいた頃の方が人間的に成長していた気がする。今はどんどん自分が惨めに成っている気がする。どうしたら良かったのか。何故自分が今こんな生活をしているのか分からなくなる。やはり、職場とは違う居場所を見つけないといけないだろうな。