ちょいポエな日常

線香花火人生よりロケット花火人生🚀

少しづつ変わってきたかも

小さなことに動揺しなく成った。これは一つの成長。あとはいい意味で悲観的というか?今までは「こんな自分だから嫌われた。。」とか思ったりしたけど、今は「こんな自分だから嫌われてもいいや。」と思えるようになった。一概に良いこととは言えないけど。少しづつまた物事を達観するようになった。皆が望むような事、皆が得たい人生を自分も欲していたけど、手にすることはやはり難しく落ち込んだ。でも仕方ないことだったと冷静になった今では思える。

他人の気持ちが分からない?というより、気持ちが分かっても煩わしく感じていないだろうか?だから今まで人と関わらなかった部分も大きかったのでは?「人と関わらなかった」から「人と関われなかった」に何時しか成って、そしてまた「人と関わらない」時間を過ごしている。兎に角俺はずっと前から他人を想っているようで自分の事しか考えていなかった気がする。だから今、というより、今までの人間関係が皆無なのはうなずける。これからどんどん年齢を重ねていって、その時には動きたくても動けない恐怖みたいなものをずっと抱えていたここ数年。今まで上手く生きれなかった自分を鑑みていた部分も大きく、ずっと平均値を気にして生きてきた様に思う。でも焦っても結局無意味な事にようやく気づいた。

人を求めつつ人を避け、人を信用したいと思いつつ疑っている。他人への偏見や差別をしてはいけないと思いつつ、心の何処かで笑っている自分がいる。正しさを要求してもそれが正しいとは限らないことばかり。自分がどうあるべきか?ずっと自問自答して、ずっと本意ではない生き方ばかりしている。裏表はあってはいけないとずっと思っていきてきたけど、そんな偽善により誰かに負荷が掛かるのであったらそれこそ偽善なのでは無いか?・・そんなことを考えていても無意味だし、俺は頭が悪いから単純に生きるべきだとも思う。臆病で他人を犠牲にする最低な人間である根底で。

今は別段病んでないんだけど、内容が病んでる。