ちょいポエな日常

線香花火人生よりロケット花火人生🚀

期待と裏腹な現実

昔から思うことがあって、期待してもその結果は悪い方向にしかいかない。まぁ、それも力が及ばない事が何よりの原因なんだけど。そんなことを思うと憂鬱になる。何も望まなければ良いんだけど、何も望まない人生に意味はあるんですかね?

最近になって、無性に一人で居るのが寂しいと思ってしまう。昔はそんなことなかったんだけど、やはり人と付き合うことが出来ないと分かりつつ、それではいけないと行動したことで、対人関係における様々な望みが出てきてしまった。でも、昔から思っていた通りそれは望めないと分かっていつつ。

結局自分だけが良ければそれで良いのか?そんな気もする。それに対して自己嫌悪に陥ったりする。「そんな完璧な人間なんていない。」と、よく言われる。そういう考えが真面目くさってとてもつまらない人間となっていることも理解できる。ただ、感情だけで行動を起こしたり、身勝手な人間が評価される社会にはうんざりする。大きく見えている部分は実際には偽ることが容易であり、無意識で行っている小さなことほどその人間を表すと思っている。そんな風に他人を見ていたり、逆にその思考を自分に投射していたら、それは一緒にいても誰もつまらないとしか言いようがないと、元も子もなく滑稽で笑ってしまう。

自分は一体何を望んでいるのか?ふと人生を振り返ってみて思った。一番は多分「自由」。煩わしいもの(人間関係、社会生活、評価等)全てから囚われたくない。でも、拘束無くして人間生活ではない。飼い犬と野良犬の違い。矛盾の願望があって、誰にも干渉されたくないと思いつつ、誰かと関わりたいという気持ちがある。それが一番のコミュ障になる原因だと思う。干渉されたくないのは自信がないから。恐らく幼少期に何も人付き合いにおいて苦労もしていない人間はただ単純に誰かと関わりたいという気持ちを表現し、それを受け入れられる。それが不整合が生じると自然な関係が結べない。

・・こんなこと考える年齢かね?何か本当最近自分が幼いなーと思ったし、出てるオーラがもうダメ人間なんだろうなーと昨日思った。傲慢くらいが丁度良いと思う。しかしその傲慢な雰囲気を貫くには自信=力なんだよな。。それがないから難しい。

好きなように生きればいい。自分の人生なんだし誰も気にしていないんだから。