ちょいポエな日常

線香花火人生よりロケット花火人生🚀

不甲斐なさに浸る

最近暗い事ばかり考える。意味ないし悪影響に成ることは必須なんだけど、考えてしまう。環境によって人は大きく変わる。それは前職にいた頃から思っていたこと。今はどうかな?一年前より変わったんだろうか。。変わった気もする。

明確に気づくことがある。やはり、他人と接する人生というのはとても大事だってこと。多分それができてたらこんなに苦悩することって無かったと思う。うーん、何で皆と同じように出来ると思ったのか?いや、頑張ろうとしたんだと思う。動かないと何も変われないと思ったから。でも実際は動いたところで変わることは難しいと知った。そう気づくことも大事なんだけど、それを知ることで絶望することもある。

前向きに生きよう!と決意するが、それを継続することは難しい。やはり他人と比べてしまうみたい。何もなく、楽しめない人生だと。兄と自分を比較してみると幼い頃から全然心の強さが違った気がする。自分は誰かに守られてばかりで逃げてばかりいた。そういう弱さが自分にはずっとあったなー。。

前職にいた頃望んだような今がある。前職の人とは一切縁が切れて、仕事も精神的に楽になり、条件もそれなりに良い。少し都会に出れば、過去どんな学校に行ったか?何て聞かれることも少ない。聞かれても大学くらいなので支障がない。ただ、実際色んなものを失うと虚しい。本当に都合のいい思考回路だなーと。俺がもし、ちゃんとした人生を歩めていたら、続けれたのかな?何はともあれ、今の自分は最低だと思う。環境が人を変えるのだ。

憂鬱にされるのは選択肢がこれしかない!と思うとき。逆に選択肢がたくさんあると思えば、気持ちが楽になる。しかし一方で選択の回数を増やすと選択肢が少なくなり憂鬱さに直結することも知っている。ずっとそんな思考を回しているとこの世から消えたくなる。もう何もうまくいかないんだと。生きてても意味はないんだと。そんな風に思えてしまう。

友人しかり、恋人しかり、心の支えとなるものがあれば、きっと辛いことも乗り越えられる。そう、多分自分の一番の弱さは、弱い存在でありながら誰にも救いを求めることが出来ず、また苦悩を共有することが出来ない点にある気がする。どんなに強い人間でも人である以上、付きまとうことだと思う。寧ろ強い人間ほど、他者との繋がりを大事にするんだろう。

また逆戻りー。。。もうわからんな。。。。。。。。。。。