ちょいポエな日常

線香花火人生よりロケット花火人生🚀

出来るだけ出来た事へ焦点を

今日は全く身体が動かなくなり欠勤した。今までは辛くても無理して出勤してたけど、連絡してちゃんと休めた自分を褒める。

ずっと天井見ながら寝て、自己否定ばかりしてた。ただ、そんなことしてても意味が無いので、身体が動くようになった午後からは近くのハロワに行ってきた。求人を一応探し職業相談。40代?位の女性職員に書類選考に一社応募したがまだ結果が来ないことや社歴の短さについて色々相談に乗ってもらった。声がぜんぜん出ないので聞き返されることが多かったが、何か普通に話している自分がいた。以前だったら悩みとか本音を他人に話すことなんて無かったんだけど。学生時代に住んていた場所とかが同じで会話が弾んだりもした。コミュニケーションで共通点てやっぱ大事なんだな。多趣味だと変わってくるんかね。あとはもっといろんなことに自信を持ったほうが良いと言われた。社歴や経験の事、あとは見た目(俺からは何も言ってない)等。

休日外に出ると最近何故か人と話す自然な流れに成る。良い傾向なのかな?服屋でも警察でもハロワでも。気分がどん底だったから身構えなく成ってた部分も大きいのかも。

ずっと自己否定してきたんだけど、悪循環に成ってるとしか言いようが無いな。育った環境(イジメ、不登校、引きこもり)がそうなるような流れだったから仕方ないけど。出来るだけ出来たことに焦点をおけるように思考回路を変えていきたい。どうせ短い人生なのだから楽しく生きたいし幸せにも成りたい。というか、ネット上のキャラすらもそれが常に成ってしまっていたな〜と反省。当初の目的果たして無いじゃん!(あの時も鬱って名前付けてたけど笑)寂しさからツイッターに逃げまくってたりしてたけど、考え方変えないといかんな、って。そっちに引っ張られるだけは良くないから何か違うアクションを掛けたい。

もう仕事も辞める流れになりそう。心療内科に行って休職願い出そうか迷ってるくらい。でも行きたくなかった東京で一年(で辞める予定)働いた自分を褒めよう。早く次を見つけなければな。

心理学を学ぶと、なるほど。と思うことばかり。最小の原理とか 。今まで哲学書ばかり読んでたんだけど、心理学にも自分の悩みを解決する術が多く載っている気がした。極論、自己肯定なんだけど。とりあえず馬鹿になることを心がけようと思います。

本当にここ一年間は体たらく過ぎた。そしてそれが引き金に成って今どん底まで落ち込んでる。ただ、以前は本質じゃなかった。ただ表面上繕ってた。でもこれからは本質を変えていきたいと思う。だからそれに気づく仕方ない一年だったとも思っている。結局のところ、自己否定とか鬱病は自分の事ばかり考えているから起っている現象だった。あとは悩みを考える時間。悩みを解消する時間に早く持っていけばいい。それもまた過去の自分を後悔するから悩みが出るわけだけど、今までの人生において今が最善だったという思い込みをしようと思う。全ての選択肢において別の選択をした場合今より確実に悪くなったという流れで良いかな?と。違うとは思うだけど考えてても仕方ないし。

失恋したのも縁が無かったから。もう何も縛るものは無くなったし思うように生きる。でも、もう大人と呼ばれる年齢なので今後は誰かに配慮出来るような人間に成っていこうと思う。自分の事ばかりでなくてね。そこがここ一年でとても欠けていたなと落ち込んで気付かされた。自分の過去はもう仕方ない。それで嫌われたり引かれても。鬱病だと社内の人に思われたっぽいけどもうどうでもいい。人の評価ばっか気にしてた。それより自分がどう動くか?の方が大事だ。自分を大切に出来て他人を大切に出来る。そこが理解できてなかった。

心療内科にやはり行ったほうが良いのかも?どうしようもなくなってきたから。気分が安定している時は何とか。しかし落ち込むと、恐ろしく無力感や誰にも必要とされていないと感じ、鉛のように身体が重くなる。今日の朝はこれだった。イジメを受けていた時と同じ感じ。誰一人自分の味方はおらず、疎外された様なそんな感じ。そういう時はどうしても自己否定をしてしまったり、人間全て消えてしまえば良いのにとか物凄い暗い発想が浮かぶ。本当に全然冷静さも無くなった。必要であれば診断書書いてもらって休職でも良いかな?って思ってる。今まではプライドが許さなかったけど。もうそんなものはどうでもいい。そんな自分なんだから。

生き方は色々あるし、自分なりに結構頑張ってきた。他人に合わせて汚くならないといけないと思う必要も無いかな?と 。大衆が「この人無いわー。。」と思う人間に成っても良いやくらいに生きていこう。もう異端者なのでそういう価値観に合わせるのがしんどい!自分は自分でしか無い。それ以上でもそれ以下でも無い。でも努力はしていこう。ちゃんと先を見据えて。焦らず自分なりのペースで頑張ろう。