ちょいポエな日常

線香花火人生よりロケット花火人生🚀

コンプレックスを埋める

薬を飲み始めてから色んな事が変わってきたように思う。今まで恐れていたことが無くなった。あと悩んでいたことも徐々に消えている。「何でそんなに今まで悩んでいたんだ?」って位に。やはりどっか精神的に可笑しかったのかも?一年前も心療内科に行ってみたけど変わらなかった。でも今は直ぐに効果が実感できる。根本的な考え方が変わったというのもあるかもしれないけど。

自分には色んなコンプレックスがある。それも考え方が変わってきた。まず容姿。正直自分の容姿の全てが嫌いだった。でもまじまじ鏡で見てみると欠点を細分化することが出来た。これも少しづつ自分の成りたい姿に変えていけば自信も付くんじゃないか?と思えたりする。でも整形はしたくないなー。。

過去はもう仕方ない。認めるしか無い。大多数の同じ人生を歩めなかったこと。それによる人間関係が皆無な事。職歴が酷いこと。心療内科に通院していること。・・まぁ、ボロボロ何だけど、全部ひっくるめて自分だな。それでも良いと言ってくれる他人と向き合えば良いんだな、あとは社交辞令的に付き合う。そのジレンマがあって好きな人には本音で話せない。そこで自信を取り戻すことが何より自分に必要な事だと気づいた。いや、気づいてはいたんだけど、無理だと思った。正直全くもって気力が無くて、考えもずっとグルグルネガティブな思考が回ってたから。今は良い意味で変な考えが浮かんでこない。頭の中がさっぱりしているというか。。よしよし、好循環に回ってきた気がするぞ。不登校に成って引きこもる前の感覚が戻ってきた。これがスタンダードなんだろうな。あとはカウンセリング受けて認知療法でも治していければ、良い方向に進むに違いない。小さな視野でコツコツ努力していこうと思っている。それが何よりの近道だと今では思う。

うつ病って何であんなデリケートな病っぽいんだろう?と今は思う。別に風邪みたいに、「うつ病になっちゃいましたー(笑)」で良いんじゃない?さっさと病院行って治した方が良いと身をもって知ったりする。大した病気だと思いこむから治らない。たかだか風邪引いた位に考えた方が治りも早いと思う。だから、出来るだけ大した病気だと思わないようにしてる。そして薬が物凄い効果があると思いこんでもいるし、病気のせいで親に甘える何てことはこの年齢で論外。兎に角自分で生活する事。

色んな欠点が自分にはあるし、見えてる。それを今まで見ないようにしてきた。臭いものに蓋をするように。今は自分がちっぽけな人間であることを認め、今まで起きた不幸や失敗を経験して、冷静に落ち着く事もできる。あとは通院で病?かはわからないけど治せば、絶対うまくいく。一個ずつ欠点を埋めていく。幸せになりたい。そのためにはその過程が必要だと感じる。