凡々な日常

線香花火人生よりロケット花火人生🚀

性格がひん曲がってる

今日は明確に辞意を伝えた。明日役職レベルの人に話がいく予定。

ずっと変わりたいと思ってきた。今は何となく自分が大分変わったことを認識できる。と、同時に自分という人間が分からなくなった。少し前まで病んでいたことが今ではどうでも良いと思える。何故そんなに他人に期待していたのか?他人の評価に怯えていたのか?今では不思議なくらいになった。人間不信で人嫌い。人と関わるのが面倒だし、信じても裏切られるだけ。そんな風に今では思う。現実で寄ってくる人間は自分を都合よく利用したいだけとしか思えない。他人の意見も興味も関心も全てがどうでも良い。ある意味無欲に成った。本来の自分に戻った感じ。本当に極端な性格だな、と自分でも思う。少し前まで真逆の人間だったのに。でも改めて振り返ると滑稽だったな~。友人が居ない理由がよく分かる。

物欲もあるんだが、冷静に考えると必要無いものばかり。というか、本当に必要なものって何?今の時代スマホがあれば大抵の事は出来る。服だって安くてもそれなりの物が買える。欲求は尽きることは無いけど、何か移り変わる興味関心に右往左往してる他人を見て自分を鑑みると呆れる。他人の価値観を自分に投射して生きてみよう。と思ったのはここ最近なんだけど、何でそう思ったか?というと、あらゆる事が空虚に感じたから。他人の真似事をしたり、他人が思う求めているものを自分も求めれば、人生に彩り?が生まれるのではないか?となんとなく思ったから。でもそれはあくまで他人の価値観で自分の価値観とは乖離していることに、冷静に成った今なら気づける。それを求めて得ることが出来ず、つい最近まで病んでいた自分が馬鹿らしい。

基本的に人間が嫌い。特に何も考えず直感だけで動くような馬鹿が嫌い。ただ、そういう人間のほうが人生は恵まれるのだから救われない。一人で居るほうが気楽。それは他人を信用していないからに他ならない。コミュ障なのも人間不信だから。それ以上でもそれ以下でもない。他人の自分に対する陰口や受けた印象を想像するのがとてつもなく煩わしい。こんなに性格がひん曲がったのは貴方方のせいだ!と責任転換を頭の中でしてみる。

情緒が安定しない。薬の影響か死にたいとは全く思わなく成ったのだけど、何処かズレた思考に陥っている。また人間不信に陥った。まだまだ幼い上に未熟だと痛感するばかり。人間不信とは自分に自信が無いから生まれる。もし自信があれば、例え信じて相手に裏切られたとしても問題ないのだ。この年齢になってこんな事を考える自分の浅さを文字に起こすと痛感する。

世間の出来事なんてどうでも良い。他人の事で騒ぐ前に自分の足元見ろや!と思えて仕方ない。しかし大多数がそれで騒いで関心を寄せるのだからそれが人間として正しい行動なのだろうと思う。だから関心があるように繕わなければいけない。同じ様に何かしらに興味関心を持たないと人間として不出来だと思われるので、当たり障りのない趣味を相手に伝えるわけだけど、正直何事においても感情が動くものがない。兎に角何を見ても何をしても空虚。でもこれでは人間としてダメだと自分でも思うが本心はそう。

何かに感情を向けようとすると落ち込むし、今のように感情が無くなると発展がない。その中間で生きられれば良いのだけど、馬鹿だからそれも出来ないし、場面場面で変えることも出来ない。年齢に伴った考えと行動ではないという事実に大分心が折れる。ある意味では老人。ある意味では未成年。何がどう年相応の考えなのか、あってない正解を考えると頭がむしゃくしゃする。

・・極論、何も考えずに無心が一番Ω\ζ°)チーン