ちょいポエな日常

線香花火人生よりロケット花火人生🚀

結局全部自分の弱さが原因

ずっと過去を後悔してきた。「何であの時逃げてしまったのか?」と。でも昔と変わらず今も同じ事をしている。それによって大切な人を失う。

心の何処かで、大切な人と思いつつその人を疑っている。それは自分に自信が無いから。色んな意味で強さは存在する。今までは傲っており、経済力とか学力、ルックスが良ければ、と思うことしばしば。でも自分に本当に必要な強さはそんなことではない。勿論、それにより求める強さの一部は手に入るかもしれないが。本当に自分が欲しいものは人望だと感じる。他人を信じて止まない心だと。余裕が無くなると直ぐ自分の事しか考えられなくなる。どんな出来事も受け入れる器を。他人を救えるくらいの気持ちの余裕を。

抗うつ剤はやはり効くようだ。とても落ち込む出来事があったが、冷静で居られる。今後の自分の糧にすること。それに思考の切り替えを。どうせ生きるのであれば、あらゆることを楽観視するべきだ。(それが難しいから病むのだが。。)自分はどう在れば良いのか?考える。でもそんな答えなど無いのだけど。

不安や恐怖は現実化する。これは、過去の経験から明らかである。考えれば考える程。また、逃れようと思えば思うほど。逆に何があっても受け入れるという精神であれば、事が容易く変わる気もする。何があっても動じず。それこそ、”メメント・モリ”で。

人の気持ちは移り変わるものであり、そこに執着することは望ましくない。何事も諸行無常。自分の幸せでなく、人の幸せを願え。それが自分が出来る何よりの善幸だったんじゃないかな。ただ、いつでも気持ちがブレてしまう。それはまだ自分が未熟だからに他ならない。

今後このブログの在り方は、現実の付き合いがある人に見られても良い内容にしようと思う。今後は、人間の本質を変えるのは難しいと思うけど、自分を見つめ直したい。他人を思いつつ、やはり自分も幸せに成りたいから。そのために少しづつ前を向いて生きていたい。