ちょいポエな日常

線香花火人生よりロケット花火人生🚀

自分の求めていた幸せの形

また同じように落ち込んで病んでしまった。自分が周りと同じように人間関係を構築できない。また、仕事においてもまた転職失敗したと思っている。もうこの世から去りたい。本気でそう思ってしまう。誰からも必要とされず、誰からも認められない。自分の価値は何処にもなくただ日々が過ぎていく。

社会性を全く持たずに育ってしまった自分がとても許せない。もし、社会性を持っていれば欲しかったものに純粋であれたと思う。でももうどうすることも出来ないから兎に角消えたい。希望なんて持つべきでは無かった。自分は何処に行っても居ても居なくても同じ存在なのだから。

自分の求めていた幸せの形とは、家庭を持って、家に帰れば家族が居て、そんなごく普通の事だった。でもそんなごく普通の事が出来ないのは何もかも自分のせいである。嫌なことがあったら逃げてきた。人と関われなくてもその場では良いと思った。でも逃げ続けたことで今できなければいけないことが何も出来ない。だから絶望する。

大きなものを失った。心にぽっかり穴が空いた。やはり自分では無理なのだと大きく落ち込んだ。人生を恨んでみた。幼い頃から人と自然に関わることが出来なかった。何故そんな自分を作ったのか。周りが自然と人の和に入っている中で自分だけはそれが出来なかった。ずっと母親と遊んでいた。というよりも、母親が仕事している中で一人遊びをしていた。そんな生活を10代という貴重な時間をほぼ過ごしてしまったのだから、今何を求めても仕方ない。

自分は幸せを求めつつ、不幸を求めているのではないか?という気持ちになる。幸福が目の前に来ると恐れてしまう。そして、大事な人が遠ざかっていってしまった。常に裏切られることに恐怖して何も行動出来なくなってしまった。時期尚早だったんだと思う。自分のことがまともに出来ていないし、精神的未熟さがそうさせたと。今は求める時期ではない。まずうつ病かは分からないが、それを認識して治療に専念しようと思った。一人で居ることはとても孤独だ。生きている意義を考えてしまうこともある。ただ、今できることに注力しようと思った。だめな時はだめだ。焦って何かをしようとしても何も上手くはいかない。今のうち、心の安定と考えを固める事が必要である。

本を読んでも変わらないと思ったが、変わらなくても良いじゃない?と最近は思う。そもそもそんなに簡単に変わったら苦労しないだろ。楽しければ良いんだと。そこに何の意味も無くても、自分が楽しいと思えることが大事なんだとそんな当たり前の事に気付かされた。これは読書だけじゃなく、あらゆる出来事においても。今は行動することが億劫で仕方ないから、療養してもう少ししたら根底の感情に向き合いたい。一人キャンプとか良いかも。

幸せを掴むには自分はどうしたら良いのか?考えた。やはり自信だと思った。株で大損こいたから、貯金がない事も心の余裕の無さに繋がっている。あとは、交友関係の狭さだったり職歴。これら全てを改善すればある程度自分に自信がつくように思う。直ぐには難しくても今あるものを大切にして少しづつ手にしていきたい。少しだけ目標が明確に成ったかな?

自分の特性はやはり安定志向。ただ、それだと周囲を見て何の得もしないしかっこ悪いとか思ったが、根底はそこにある。他人は他人で自分は自分。無理に変える必要は無い。素直に自分の心に従って生きたほうが魅力的な人間に映るはず。もしそれで嫌われたのならきっとその人とは縁がなかったのだと割り切る事が大事だ。その縁が切れることで落ち込むことが多かったが、今後は精神的に成長しよう。

完全なるうつ病状態に戻って薬の量を増やしてもらった。今は焦らず休んで見つめ直す期間だと思っている。これはこれから先、良い方向に進むために必要だったのだ。