ちょいポエな日常

線香花火人生よりロケット花火人生🚀

普通のことが普通に出来ない人生

今日は休日。体が動かなくなってしまってずっと寝ていた。15時間位?それくらいは寝た。本来やるべきことがあったのだけど、ご飯を食べることすら怠くて、体の思うがままに眠ることにした。

寝ている途中、「こんな人生、生きてて何の意味があるのか?」と思ってしまう。そして、抗うつ剤がもう少しで切れることを覚えていたが、今日怠くて心療内科に行かなかったことを後悔する。薬が切れたら大丈夫だろうか?不安で仕方ない。ずっと土曜日に仕事が入っているので当分行けそうに無い。まいった。

何もかも憂鬱に成るのは過去のせいだと思っている。でも、そもそも、そういう過去を持ったのはこういう性格だからだとも感じる。またどうしようもない、変えられない事を恨めしい気持ちになる。(何故自分は自分として生まれてしまったのか?何故自分はこんなに人と同じことが出来ないのか?)

大多数から距離を置いたのは、自分がそう成れないからだったんだが、寧ろそう成れないならもっとその環境に身を置き耐えるべきだった。それが出来なかった自分を今になって憎んでいる。正直、今の現状は過去に思っていた将来像よりはよっぽど出来ている。何せ、引きこもっていた時は、外では言葉を何も発せなかった。更に言うと他人が怖くて仕方なかった。自分を見る視線も内心も。自分の性格とか容姿とか体臭とか、どう思われているか不安で仕方なかった。それを考えたら十分過ぎるほど。でも周囲と比較してしまうと何も出来ていない。周囲が何も苦痛に感じることすらない普通に出来ることを俺は何も出来ない。

他人と比較するのは良くない。比較すると、他人の優れた部分と自分の劣っている部分を感じることしかしないから。でも、そうすることで自分に鞭を打ち、頑張らないといけない部分を疎かにしない事もあるのかな?と感じる。ずっと過去を悔やんでる。もしあの時間違った選択をしたければ、今頃大きく変わっていたのではないか?と。周囲の人達の同じような人生を歩めたのではないか?と。

でも自殺するくらいなら、そんな固定観念から脱して逃げて生き続けようと前々職を辞めた。だから、人間関係が濃い職場は辞めて、都内に出たのに今じゃまた、同じ業種で働いている。結局自分の考えの甘さが浮き彫りに成った。幾つに成っても変われない。結局やっていること同じ。

もし、他人と同じような人生を送れなかった事に意味があるのだとしたら、それは恐らく、同じような人の支えに成ることだと思う。そういう意味合いでも今の業種に就いたんだろうな。でもそれとは裏腹な人間関係が存在するけど。。

とりあえず今の職場は続けるべきでは無いな、と思ってるので転職活動をする。