ちょいポエな日常

線香花火人生よりロケット花火人生🚀

不遇なことも捉え方次第

自分はずっと不幸だと思ってきた。周囲と同じような人生を歩めなかったし、あらゆる経験をしてこなかったから。ずっと今まで思い続けているのは、「もしあの時、逃げるという選択をしなければ。。」ということ。しかしながら、それ以前に、ずっと一人で生きてきたことを思うと必然の選択だったのかもしれない。それが遅かったか早かったかの違いだけにも思える。

幼い頃からずっと人と関係を築けなかった。本当に生まれて間もなく。病気という概念に縛られるのは良くないと思うが、発達障害なのかもしれない。と思ったりもする。人と会話をしようと思うと喉の奥に声が詰まったり、他人が自分の発する声で何を思うのか?ということを考えると何も話せなくなった。更に、不登校に成ってからは余計に。

自分の年齢と他人の年齢を比較して、同じような人生を送れていない自分が嫌いになる。しかし、上記を冷静に振り返ると、「寧ろ、よくここまで頑張れてるな。」という気持ちに今は成っている。10年前の自分は誰とも何も話せなかったんだから。アルバイトをしたくても人と会話することや接することが怖くて、応募すら出来なかったのだから。仕事してひとり暮らししているだけでも立派。自分なりに頑張ってる。

とは言え、退職願を出してしまい、完全なるジョブホッパー状態。金銭的にも厳しいし、早く次の職場を決めないと。。就活はしてるが、状況は、書類選考通過2社と書類選考合否待ち2社、書類落ち1社(今日郵送で来てた)。書類選考待ちの2社どちらかに行きたいと思っているが、連絡が来ない。焦らず待ってみるか。ただ、どれかに内定貰えれば行く予定。仕事に対する考え方も大分変わって、同じ業界ではあるが、職種は広げた。だから、求人もあったんだけど。あと一月で決まるかな・・?

今の職場で、自分が辞めることが周知され始めた。数ヶ月しか居ないが、色んな職種の人から「辞めるの?!」と引き止められるのは案外意外だった。たかだか数ヶ月でそんなに想われることはないだろう、と思っていたし。それが社交辞令的な反応だとしても、気に掛けてくれるというのは何とも有り難い事だ。ここ数ヶ月は自分の業務内だけでなく社内全体を良い方向に変えようと努力した見返りなのかな?と感じたりもする。だから、余計に、色んな知識を今後吸収して更にそんな風に思って貰える様な人間に成っていたいな、とも思えた。だから今回の転職は短期ではあったけど、学ぶことは沢山あったし、やっと自分の中でこの先どんな仕事をして生きていくか?の方向性が決まったので、必ずしも悪いことばかりではなかったと言える。

自分が正しいと思うことをしていれば、自ずと幸福は訪れる。それだけ信じて生きてみることにしたい。