ちょいポエな日常

線香花火人生よりロケット花火人生🚀

他人にした事は自分に返ってくる

 久々にブログを更新。今までは落ち込んだ時のはけ口として、ブログを更新してきたが、最近は自分の中で気持ちの整理がつき、「ブログを更新したい」という気持ちよりも、「更新するのが面倒」という気持ちのほうが強くなった気がする。

 抗うつ剤を飲むように成って、それが顕著に出た気がするし、「人と会うのが億劫」だったのが今では「誰かと関わりたい」という人間の本質的な部分がやっと戻ったように思う。これは懐かしくもあり新鮮な気持ちでもある。昔・・、と言っても、数ヶ月前の自分を想うと、やはり精神状態は不安定であったし、それを認めることすら嫌だった。何か上手くいかないことがあれば、直ぐに「死にたい」という考えが浮かぶ。今となれば、全てが悪循環に成っていた気がする。そんな感情と精神状態であれば、社会生活を送るのはとても困難であるし、他人から距離を置かれるのも当然である。ただ、どこか、自分の居場所を求めて執着していたようにも感じる。それは他人に与えるのではなくて、(寂しさを埋めたり、自分を認めてほしいという)自分に与えてほしいという感情でしか無かった。今でも過去の自分に後悔はする。ただ、どうしようもなかったし、そうなった結果が今であるから、認めるしか無い。

 一昨日に自分の送別会を他部署の数人で開いてくれるということで、有り難く参加させて頂いた。送別会数日前に成って”送別会”ではなく”忘年会”という名目に変更したと言われた。理由は「次が決まっていないのであれば残ってほしい」から。半年も居ない職場で色々な人に同じように言われる事はとても嬉しいことだと思う。気を遣っての言葉だとも思うが。その飲み会の席でも他者と自分を比較してしまい落ち込んだりもしていたが、そんな自分も改めて認めることにした。

 就職活動は上手くいっておらず、内定貰ったと思ったが不採用だったという始末。ただ、退職願を出してしまった以上、次が決まっていなくても辞めるしかない。そんな現実も案外今では前向きに捉えられるから大したものだ。落ちる理由を分析すると、やはり職歴汚したのは痛い。でも、実際やってみて気づいた事も沢山あったし、やらなければ気づけなかった事も沢山あった。例えば、今の業種、及び、職種で今後人生を歩んでいこうという気持ちが固まった。それだけでとても大きな進歩であると感じる。残念ながらそれを他者に理解してもらうのは困難なことであるけど。。

 今日は自分の一月後に転職し、出戻った人と会ってきた。戻った感想とかを聞いたり。残業は多いと言っていたが、表情を明るくなってたし良かったんじゃないかな?あとは以前勤めていた職場の状況とかも聞いたり。数年変わると色々変わるもんだとしみじみ思った。こうして、違う職場に成っても会う機会があるというのは今までの自分からしたら珍しいことだし、縁というのはとても不思議なもんだとも思える。こうした縁も少しのきっかけから生まれたこと。自分のことばかり考えていたら得られなかった経験だと感じる。

 ずっと今まで上手くいかなかったのは、自分の事ばかり考えていたからだろう。もし他人第一で考えられていたらきっと、どんな状況になったとしても、それは幸福なんだと思う。地位、名誉、資産、学歴、家柄、評価・・、そういう価値観に囚われて今まで生きてきたし、それを重視する環境で育ったから心の何処かで自分も他人も卑下していた気がする。自分だけが良ければ良いという感情が常にあった。でもそれだと何も自分には回ってこないんだと気付かされた。

 どんな道を進んだとしても着眼点を変えればそれは成功に成るし、失敗にも成る。どうせなら、他者が失敗だと思う道筋も成功だと思ったほうが得だろう。何より、今の自分が他者に貢献できる存在であれば、それは成功なんだと思うことに今後はしよう。