ちょいポエな日常

線香花火人生よりロケット花火人生🚀

価値観を見失っていた

 無職で居ることが結構辛い。何かしらして貢献したいという気持ちがある。少し前はこんな感覚など無く、ただ、一人でのんびり過ごしたいという気持ちだけだったのだが。そんな気持ちが芽生えただけで、とても成長している。その事に気づくこと無く、あらゆる欲が自分にはあったと反省する。仕事、お金、恋愛、友人、、昔思っていた、「生活できれば良い。」という感情だけでなく、「人並みにこれくらいは欲しい!」という感情が自分の心を占めていた。ただ、それらを得ることが出来ずに苦悩していた。今あるものに喜びを感じず、もっともっと色んなものをという気持ち。それは他人との比較で成り立ったもの。自分を見失っていた気がする。

 ずっと今まで自分のことが嫌いだったんだが、最近は少しづつ肯定できてる自分が居る。今の自分は好きだと思える。それは心に余裕が生まれたからかもしれない。ただ、まだ未熟な部分も多々あるし、弱い部分も同様。考え方を少しづつ変えていけている。

 色んな失敗や落ち込む出来事が多かったけど、それは行動したからだし、自分なりに誠実にちゃんとした気持ちがあってやったこと。それが結果的に自分の期待には沿わなかっただけ。学んだことは多々あったし、本来もっと早く学ぶべきことを逃げていたから学べなかった。だから今、自分の身に降り掛かっているだけ。種を撒き将来に活かす作業をしてるに等しい。

 大きな飛躍は望まない。自分には大衆に認められる才能は無いということは自覚したし、それどころか、大勢の人が送れている生活水準にも到達することは難しい。ただ、自分のハードルだけは超えていかないと行けない気がする。それだけは常に念頭に置き、少しの進歩をしていけば、きっと誰かは認めてくれる。それは万人で無くてよく、数人で良いのだと最近感じる。

 今年も一年、色んな人との出会いに感謝したい。