ちょいポエな日常

線香花火人生よりロケット花火人生🚀

孤独に慣れた生活

 無職になって一週間位経った。もう何もすること無いし将来の不安が大きいので早く仕事がしたい。とりあえず、今日非正規の応募をしたが、条件がとても悪い。正直生活できないくらい。でも、半年後、正規雇用があるそうなので、成果次第では正規雇用も望めるのかな?業務は物凄く大変だというのがよく分かる。バカでかい施設なので。ただ、最先端の設備で仕事が出来、かつ、ほぼ公務員に近い(待遇が)。生涯努めていけそうだと感じる。ただ、前みたいに病む事も考えられる。というか、企業規模で言ったら病んだ時のほぼ5〜6倍ということを考えると病まない自信が無い。。うーん、、まぁまだ面接にも言ってないし、とりあえず、行って結果が出ないと何とも。ただ、正職で内定貰っているところへの返事も早々にしないといけないのであまり迷ってる時間はない。あと非正規の方は面接時条件の交渉はしてみようかと。駄目なら駄目で正職で内定貰ったところにいけば良いし。何はともあれ、(正規内定)雇用条件も聞いてないし、(非正規未内定)面接も受けていないのでまだ迷うには早い。

 今日は凄く精神が安定していた。やはり躁鬱なのかな?昨日までほぼ布団から動けなかったが、今日は何でも出来る気がした。落ち込んだり上手くいかないことを落とし込んで冷静に対処出来る気がした。この気持がずっと続けば良いのだが。。上記、非正規採用に成った際、実家に帰省することも考えた。ただ、家族とは距離をとっているのであまりその選択は無いのかな。電話やメッセージで話すこともしていない。それは一種の自分の中での甘えを無くすため。無職になっても実家に帰る選択をしないのは、自分の中で負けたくないから。幾ら仕事を辞めても、無職(ニート)に成っても自分は良いと思っている。親に甘えなければ自分が苦しむだけだから。逆に実家に暮らしていたら親に何を言われても仕方ないと自分では思っている。親が居ないと生活できないという事を実証してしまっているから。でも結局実家に頼ってでも持続して仕事をしている人間の方が他人の評価は高いよな。勿論、一人暮らしで勤続年数が長いに越したことはないけど。他人にあまりそのへんは見られない気がする。逆に一人暮らしで退職を何社も繰り返しているとかなりのマイナスポイントに成る。勤続年数が長いからって、「=スキルがある。」とは言えないと実感したが、仕事が出来なくても「=長く勤続する力がある。」ってことでもあると思う。社会は難しい。というか、そもそも俺は社会不適合者であるので、不登校の成れの果て感が凄いけど。それを理由にしたら不登校だった人で立派に社会で活躍してる人に失礼に当たるから今度は継続できるよう頑張るつもりです。

 人と関わらないと寂しいという気持ちが少し前まであったのだが、今は落ち着いた。寧ろ一人で居ることが落ち着く。他人にどう思われるか?それに囚われて雁字搦めに成っていたが、今は大分素で居られる。「自分の過去を知られたら嫌われる。」とか、「こんな年収だったらダメ。」とか、「ルックスも学歴が高くないから。」とか。ううん、、アホだな(笑)そんな評価をする人にそもそも俺は好かれたかったのか?気持ちに矛盾を抱えて大多数が称賛する人物像に夢見て自分を合わせたいと思っても持ってないのだから無理だろ。今までの固定概念を捨ててしまえば楽だ。色々望みすぎていた気がする。自分は自分なので今後は前向きに捉えていきたい。

 明日は図書館に行って部屋の掃除するぞ!