ちょいポエな日常

線香花火人生よりロケット花火人生🚀

大きく生きるべきだ

 物事を小さく捉えると、どんどん自分が小さな人間に成っていく。負の循環でその自分を好きに成れることっていうのも難しい。だから、とりあえず、大きく馬鹿みたいなことを想像して生きるようにした。

 最近は調子が良いので、気分が落ちこむことも無い。絶望がすごい時は何も出来ないと思うのだが。精神疾患というのは曲者だ。昔から何を持って「そうだと断言できるのか?」分からない。だから、それを理由に逃げてるだけじゃないか?とも自分で思う。それは過去と同じように。統合失調症とかだと、目には見えないけど断定は出来る。「ビューティフルマインド」って映画を最近見たんだが、酷くなるとあんな感じなのかな?と思ったり。

 思えば、幼少期から、「人」について深く考えていた。という意味では、次の職場は自分に合っているのかも?ただ、不安のほうが大きかったりもする。医療業界は難しいもので、他人に寄り添って行うことが”正”であるが、寄り添いすぎると自分がやられる。人一倍強い人じゃないと続かない業界であるな、と思う。自分は直接的に関わる職種ではないが、傍から見ててそう思う。優しい人ほど辞めていく業界だったりもする。これはどこでもそうなのかも。。現実と理想は違う。人の命が伴うというのは、理想だけで勤めることは出来ない。そんなことをグルグル考えている時点で自分には向いていない業界なんだろう。

 うーん、冷静に成った今なら思えることなんだが、結果や行動を伴わず、思考だけで自分のダメさや落ち込んでいる様子を表すのって物凄いダサいよなって思う。今、自分の過去のブログとか見てると恥ずかしさと情けなさでいっぱいに成る。「出来ない理由」ばかり探して、結果に結びつく行動は何もしていない。まぁ、本質的に自分が持っている能力とか、育った環境も起因している部分があるから、変わるのは難しいけど。ただ、変わるためには、今恐れていることや毛嫌いしていることにも目を向けないといけない。今まで極端に生き過ぎた。守るべきところは守り、行動すべきときには乗っかる。深く考える必要なんてない。そもそも、自分なんてどこにでもいるただの凡人なのだから(凡人以下か)。他人より優れていると思いたかったんだと思うが、俺には何もない。才能も知識も体力も人脈もルックスも。逆に何もないから恐れる必要もないんだと感じている。

 突発的にやりたいことをしてもいい。理性で抑圧することは正しいことではない。不器用な人間は誰よりも多く失敗し経験をしなければ何事においても成功は無い。自分の感性に従えばいい。自分の感情に素直に成ればいい。そう考えると物凄い人生って単純だったんだなって思う。

 どうやら自分の人生はここからのようなので、これからは単純に生きていこうと思います。