ちょいポエな日常

線香花火人生よりロケット花火人生🚀

夢のタピフォルニア

 あるリア獣の男が言った。「今の職場辞めたらタピオカ屋でも始めようかな( ゚Д゚)」・・ふざくんな!と思った。リア獣はモテを目指してはダメだのだ。何故なら、非モテから圧倒的非難を受けるからである。そしてわたすは誓ったのだ。もし今の職場を辞めたら、「タピオカ屋を始めよう!」と。。これで圧倒的にモテるのだ。夢である。非モテからしたら夢のようである。まさにタピオカドリーム。夢のタピフォルニアである。タピオカ万歳。

 明日からタピオカを毎日買って、女子力を身に着けたいと思う。そもそもタピオカとはなんぞや?タピオカとは奥が深いものだ。タピオカ、K-POP、ザイル系。これ等を極める存在に成れば、恐らく、なおんにモテるのだ。ちょべりぐーである。そして、「チョーイケてるんですけどー!」という声が今にも聞こえてきそうである。

 田秘岡(仮名)は許さない。。わたすも必ずリア獣に成ってみせる!それが唯一の報復の方法である。いつか、「タッキー」ではなく「タッピー」と呼ばれる日がわたすにも来るのだろうか・・。それを想像すると胸騒ぎが抑えられず眠れないのである。

 ・・寝よう。